第14回春季全日本小学生女子ソフトボール大会 in 鹿児島

2021年03月31日

昨晩、21時に全国大会が行われた鹿児島から深谷に戻ってきました。


コロナ禍で普段の生活も儘ならない中、全国大会を開催することにご尽力いただいた
関係者の方々,また参加することにご理解いただいた地元埼玉の皆様、深谷市の
皆様にも心より感謝致します。

今回出場するにあたり本当にたくさんの方々からご支援やご声援を頂きました。

そのご支援、ご声援が力となりました。

本当に有難うございました。


深谷ジュニアは地元の皆さんに本当に愛されていることを心に刻み、遠く鹿児島の地で
躍動してきました!

結果としては全国3位。

素晴らしい成績を挙げることが出来ました!

これも子供達の頑張りは勿論ですが、深谷ジュニアを取り巻く皆様の後押しがあった
からの結果だと思っています。

本当に本当に感謝感謝です。


1回戦 vs中濃ROOKIES(岐阜県代表) 11-0 〇

2回戦 vs肝属女子(鹿児島県代表) 10-5 〇

準々決勝 vs紀北エンジェルス(和歌山県代表) 3-2(延長8回タイブレーク) 〇

準決勝 vsNARUMI(愛知県代表) 1-9 ●

全国第3位!

チーム内過去最高成績です!


深谷ジュニアの子供達は身体が小さな子ばかりです。

優勝したチームの監督さんからも深谷の子は身体が小さいがバットスイングが強く
よく打つねーと声を掛けて頂きました。

この全国大会に出場したチームの中には低学年の小さな子が出場しているチーム
もありましたが全体的に身体が大きな子が主力にいるチームが多かったと思います。

今回対戦させていただいた4チームとも明らかに深ジュニの子よりも大きな子が揃って
いました。

準決勝で対戦したNARUMIさんに限っては、先発していた全員が深ジュニの子供達
よりも大きかったです。

小学生において身体の大きさは圧倒的なアドバンテージとなります。

そんな中でも臆することなく果敢に向かっていった子供達には頼もしさを感じました。

バットを力一杯振り、鋭い打球にも食らいつき、全力でグランドを走り回った姿には
感動を覚えました。

深谷ジュニアっ娘はこの6日間(出発~帰宅まで)で大きく成長した様に思います。

この成長した姿を地元の皆様や学校生活のなかで見せていけたら良いですね。


深谷ジュニアに新たな目標が出来ました!

”全国大会で最後の試合、決勝戦に残ること!”

正直、今回ベスト4に残った他のチームより力的に劣ります。

ベスト4に残れなかったチームの中にも深ジュニよりも優れたチームは沢山ありました。

簡単な事ではありません。


先ずは5月3、4日に行われる埼玉予選会で優勝して、夏全国大会出場権を獲得する事。

目標に向かってチーム一丸となって頑張って行きたいと思います。


今回の全国大会も素晴らしい大会でした。

コロナの影響で出場権を持ちながら苦渋の決断をし、出場を辞退したチームも5チーム
ありました。

そういった残念な事もありましたが、やっぱり全国大会は良い場所です!

全国大会に魅了されてしまっている私は、この雰囲気、この空気が大好きです!

4年ぶりに感じることが出来た素晴らしい時間は最高のものでした。

今回は深ジュニのチビッ子達は深谷に残ってインスタライブを見ての応援でしたが、
夏の全国大会にも必ず出場してチーム全員で宮崎の地で大暴れできたらと思います。

これからも変わらぬご声援を宜しくお願い致します!


皆さん、本当に本当にありがとうございました!!!


  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 14:41Comments(0)試合予定・結果

感謝の気持ちをもって

2021年03月13日

3月11日に東日本大震災が起こってから10年が経ちました。

埼玉でも震度5強を記録し、この時はかなり長い揺れが続き、目の前の道は波のように
揺れ、マンホールは跳ね上がり、恐怖を感じたのを覚えています。

たまたまこの日は北の方向に向かって車を走らせていて、北の遠くに見える空が黄色く
濁っていて、嫌な感じの空だったことを記憶しています。


この時は2日後の13日にソフトの大会があり、こんな大変な時にソフトボールなんか
(この時はそう思ってしまいました)をしていていいのか。って真剣に考えました。

東北や北関東沿岸の子供達はソフトボールの事など頭の片隅にもなく、生きるために
必死になっていたと思います。

2011年3月14日のブログ
http://fukayajuniorsoftball.tencho.cc/e112652.html


先月2月12日にもかなり大きな地震がありました。

この時も10年前のことがフィードバックして恐怖を感じました。

翌日の練習時、子供達に昨日の地震は凄かったねーと話をしたらほとんどの子が、
もう寝ていたので気づかなかったとの事でした。

当時でしたら周りの方々も危機感を感じていたと思うので、直ぐにでも子供をたたき
起こし避難の準備をしたことだと思います。

危機感の薄れを少し感じました。


今の小学生は10年前には生まれていなかった子がほとんどです。

6、5年生は1歳か2歳。

記憶に無いのは当たり前。

人間は忘れてしまう生き物です。

でもこの10年前のことは決して忘れずに伝え続けていかなければなりません。

子供達には当時のことを伝えながら、ソフトボールが出来ていることに感謝し、
今出来ることを一生懸命に全力でやる。という事を話したいと思います。


地震とは違いますが、今は目に見えないコロナウィルスの恐怖にさらされています。

昨年は学校にも行けず当然活動も出来ず、かなり悔しい思いをしました。

今も埼玉県には緊急事態宣言が継続され、思いっきり活動することが出来ず、窮屈な
思いをしています。

しかし27日から始まる全国大会にむけての準備、戦力アップもしていかなければ
なりません。

こんな状況にもかかわらず、たくさんの方々にご理解頂き、地域やOG、関係団体の方々
から本当に多くの寄付や激励を頂いております。

感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。

有難うございます。


また同時に責任も感じております。


こんな中でもソフトボールができ、増してや全国大会に出場できること。

そして皆さんに応援してもらえることに心から感謝し、全力でプレーしていきたいと思い
ます。

全国大会まであと2週間。

今自分がおかれている立場を認識し、責任を果たせるように頑張ります!

自覚と責任、そして覚悟をもって!


  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 14:36Comments(0)ちょっとひと言

6年生の功績(深谷市体育賞受賞)

2021年02月09日

先日、令和2年度深谷市教育委員会体育賞を受賞しましたので6年生のキャプテンと
サブキャプテンと授賞式に出席してきました。

12月に行われた新人戦優勝の功績が称えられての受賞です。

2年ぶりですね。

令和2年度はコロナの影響でどの競技も活動が制限されとてもつらい思いをした一年
でした。

そんなこともあって今年度の受賞者、受賞団体は少なかったです。

深谷ジュニアは埼玉県ソフトボール協会や深谷市協会の方々のご尽力により大会を
開催して頂き、結果優勝することが出来、またこのような賞も受賞できたことに感謝感謝
です。

有難うございます。

今回の受賞は新人戦優勝なので5年生以下の成績での受賞でしたが、二人の6年生が
いたからこそ優勝、受賞できたのだと思っています。

上の学年がいなかったこともあり2年間、この二人がチームをまとめ、引っ張ってくれた
おかげで5年生以下も力をつけ、伸び伸びとプレーし新人戦では優勝することが出来ま
した。

本当に二人の6年生には感謝感謝ですね。

コロナの影響で6年生を送る会は延期になってしまい、まだみんなで送り出せていませ
んが、1月末で事実上、卒団となりました。

二人に対しての言葉はまた後で言うとして、現キャプテンや各リーダーの5年生達は
この二人の6年生の大きさ、優しさなどをヒシヒシと感じ始めたんじゃないかな~。

これを感じ、考え、悩み、日々成長していきます。

これを二人は2年間やってきたのだから凄いでしょ!

早く立派な最高学年になって下さいね。

期待しております!


こんな感じの深谷ジュニアですが、先日のブログにも書いているように、とっても
雰囲気良く活動出来ているおかげで、またまた新しい仲間が増えました!!

前回にも書きました年長さんでとても元気で大きな子です。

入部を決めて頂きとってもとっても嬉しいです!

有難うございます!

そして、またまた6年生の妹ちゃんが体験に来てくれて入団に前向きだとのお話も
聞きました。

相乗効果って凄いですね。

なかなか上手くいかないときは成績も、部員も ⤵ ⤵ でしたが、雰囲気良く元気に
明るく活動をしていると ⤴ ⤴ になりますね。

元気な声、笑顔、良い空気にはパワーがありますね!

深谷ジュニアはとっても楽しく、元気で活気溢れる楽しいチームです。

まだまだ部員を募集しています。

興味を持った方、何か運動をしたい、させたいと思った方は是非ぜひグランドまで遊びに
来てください。

お待ちしておりま~す!





  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 21:01Comments(0)ちょっとひと言

3月の活動スケジュール

2021年01月29日

3月のスケジュール

 6日(土)   8:00~17:00(利根川グランド)

 7日(日)   8:30~13:00(常盤公園)

13日(土)   太田オープン(太田渡良瀬スポーツ広場) 

14日(日)   太田オープン(太田渡良瀬スポーツ広場)

20日(土)   8:30~13:00(常盤公園) 

21日(日)   8:30~13:00(常盤公園)

25日(木)   全国大会へ出発

26日(金)   監督会議

27日(土)~29日(月)
       春季全日本小学生ソフトボール大会(鹿児島県南九州市)

30日(火)   帰深谷

※緊急事態宣言の動向によって変更になる可能性があります。  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 10:27Comments(0)

今年もよろしくお願いします!

2021年01月18日

今年もあっという間に18日が過ぎました。

毎年、同じようなことを言っているような気がしますが・・・・

7日に埼玉県は再度緊急事態宣言が発令され、バタバタしている間に1年の24分の1が
過ぎてしまいました。


改めまして、今年も深谷ジュニア、宜しくお願い致します!


新年早々からとっても嬉しいことが。

なんと、新たに3人もの仲間が増えました~

以前、体験に来てくれた3年生、1年生、年長さんが入部届を持ってきたくれました!

また新年最初の練習時にも体験の子が来てくれて、とても好印象で帰られました。

きっと近いうちに入部してくれると思います。


昨年はコロナ禍で活動もままならない中でしたが、5人の新しい仲間が増えました。

そして今年は既に3人増。

まだまだ増えそうな予感がします。

たくさんのスポーツや習い事がある中で、ソフトボールを選んでくれ、また深谷ジュニアの
門を叩いてくれたことに感謝感謝です。

ホントに有難うございます!!


コロナ感染拡大が止まらず緊急事態宣言が再度発令されてしまい、中々思うような活動
が出来ませんが、新しい仲間が増えたことで深谷ジュニアは活気に溢れています!

この勢いで一年間行けたらいいなぁ・・・・・と



9日に予定されていた総会は緊急事態宣言発令に伴い中止。

代替として急遽昨日、17日に全会員にグランドに集まって頂き総会を行いました。

急遽なのに大事な総会だということを理解していただき、全会員が集まってくれるところが
深谷ジュニアの凄さ!

改めて感じました。


総会ですので活動報告、会計報告、活動予定、人事などなど。

寒空の下で大変でしたが、問題事項もなく承認いただきました。

新年度の役員も承認され新体制としてスタートを切ることが出来ました。

今回は3月に行われる全国大会出場についての話し合いも行われ、いよいよ本格始動
したって感じです。


コロナ感染の終息が見えず、まだまだ窮屈な生活が続くことが予想されます。

正直、昨年と同じように活動が出来なくなり、沢山の大会が中止となってしまう可能性も
考えられ、心配で心配でなりません。

皆さんと協力して感染しない、させない対策は勿論ですが、今できることを精一杯行い、
どんな状況でも強く生きていけるよう、そして早くおもいっきり活動できるようにポジティブ
な深谷ジュニアにしていきたいと思います。

どうぞ今年一年宜しくお願い致します。



白球大空に舞い、夢遥かなり・・・・


  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 18:28Comments(0)ちょっとひと言

1月の活動スケジュール

2021年01月11日

1月のスケジュール

 9日(土)   お休み

10日(日)   13:00~17:00(常盤公園)

11日(祝)   8:30~13:00(常盤公園)

16日(土)   8:30~13:00(常盤公園)

17日(日)   6年生引退試合&練習試合(常盤公園)
          vs 指扇ライオンズ
         
23日(土)   8:30~13:00(花園小)

24日(日)   8:30~13:00(常盤公園)

30日(土)   8:30~13:00(常盤公園)

31日(日)   8:30~13:00(常盤公園)
  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 18:09Comments(0)スケジュール

4年ぶり3回目の春の切符!

2020年12月21日

春季全国大会埼玉県予選が終わりました。

深谷ジュニアはおかげさまで最高の成績、優勝することが出来ました!

本当に本当に有難うございました。


1回戦 シード

2回戦 鶴ヶ島レッドファイターズ  8-4

準決勝 狭山ライオンズ  9-3

決勝 指扇ライオンズ 9-6


4年ぶりの埼玉県制覇。

この間、長かったような短かったような。

新人戦、関東予選と準優勝。
しかし2位で出場した夏関東大会で優勝した3年前。

新6年生が0人。5年生も3人。
新人戦を出場辞退し、新チームでの試合では17連敗。
春先の練習試合10試合で123失点していた2年前。

新人戦準決勝で最終回3点差逆転サヨナラ負けを喫して悔しくて悔しくて眠れなかった
1年前。

そして今年。
コロナの影響でチーム活動ができなく、個人練習が続いた3ヶ月間。
活動再開もなかなか思ったようには試合も組めず、日々窮屈さ、もどかしさを感じ活動
していました。
練習試合が出来るようになってもなかなか勝つことが出来ず。

そんな中でも新人戦優勝を目標に掲げ頑張ってきました。


そして迎えた新人戦初日。

緊張でガチガチの序盤はミスが続き、追いかける試合展開となりましたが、緊張が解れた
終盤は得点を重ね逆転勝ちで初戦を突破しました。

決戦の2日目。

数多く練習試合をやらせていただいている狭山ライオンズ戦。

初戦同様に硬さからミスが続き先制点をゆるし、追いかける展開となりましたが、初回
以降は攻守ともに落ち着きを取り戻し逆転勝ちで決勝へと駒を進めました。

決勝は予想通り圧勝で勝ち上がってきた指扇ライオンズ戦。

指扇ライオンズさんも数多く練習試合をやらせて頂いており、お互いに手の内を知って
いる戦いとなりました。

身体も能力も小学生離れしているバッテリーを如何に攻略し、抑えることが出来るか。

先攻の初回から攻撃が上手くいき先制点を取れたのが大きかったです。

流れを掴み優位な試合展開で最終回を迎えることが出来ました。


昨年の新人戦、大逆転を喫した準決勝の西少女戦では3点リードの守備の時にあと1分
でタイムアップになり次の回に入らないことも分かってました。

守備側のタイムを取れば試合は終わっていたでしょう。

でもそのまま行かせて次の回に入り逆転負け。


今回も昨年同様にあと1分で次の回に入らないことも分かってました。

この予選でタイムを取って試合を終わらせて勝っても成長はないとの思いがありそのまま
続けました。

監督が勝負に徹していないと言われればそれまでですが。

主審と記録員も前の回が終わった時点で残り時間の確認をして数秒でも残っているので
次の回に入りますとの声も聞こえました。

案の定、最終回にそれまでの回とは違いバタバタして4失点。

昨年も最終回に4失点をしてサヨナラ負け。

今年も4失点。

点差があったので逃げ切りましたが課題が浮き彫りになった最終回となりました。


でも昨年と今年の4失点とでは大きな違いがあったと感じています。

昨年は皆の顔が青ざめてベンチからの声も聞こえず、声も出なくなり1アウトも取れずに
負けました。

今年はバタバタはしましたが、皆が声を出し何とかしようとの姿勢が見えました。

窮地に追い込まれたときに何を考え何が出来るか。

それはそのような経験をしないと身に付きません。

良い経験が出来たと思います。


とにかく埼玉県代表として全国大会への出場権を獲得しました。

本当に良かったです!

あの素晴らしい舞台、全国大会にまた行けると思うと本当に嬉しいです!

何度も書いていますが私は小学生全国大会の魅力に取りつかれてしまった一人です。

お金も労力も大変掛かりますが、子供達にも保護者にもそれだけ得るものはあります。

今までの深谷ジュニアOGはそこに向けてのプロセスであったり、経験であったりは中学、
高校、大学、社会人になっていく過程で間違いなくプラスになっています。

今のチーム、4年前の全国大会を経験している子は7人いますが、その時は2、1年生
で付いていくだけだったって感じでしょう。

でもあの時は凄かった。と記憶に残っている子もいます。

今の保護者の皆さんにも子供達にも全国大会の素晴らしさを伝えていこうと思います。

また、前回の全国大会で残してきた忘れ物を取りに行こうと思います。

http://fukayajuniorsoftball.tencho.cc/e172082.html
(4年前、全国大会の時のブログ)


今回の優勝は到底深谷ジュニアだけの力では成しえなかったでしょう。

弱い時もボロボロの時も、人数が少なくなってチーム存続に黄色信号が灯ったときも、
変わらず練習試合をやらせて頂いたチームの方々には感謝しかありません。

また、深谷市協会、埼玉県協会にも沢山の大会を開催して頂き、今年は特にコロナの
影響で開催が危ぶまれていましたが、関東親善大会や県民スポーツ大会、そしてこの
新人戦と開催して頂いたことは本当に有難く思います。

地域の方々も変わらずに深谷ジュニアの活動にご理解ご声援を頂き、感謝しております。


これからも子供達と一緒にソフトボールが出来る喜びを噛みしめながら頑張っていこうと
思います。

引き続き、ご指導ご声援の程、宜しくお願い致します。


新型コロナウィルスの拡大が続いております。

1日でも早く終息し、以前のように思いっきりソフトボールを楽しめる日が早く来ることを
願っております。

また来年3月の各カテゴリーの全国大会が開催されることを切に願っております。





  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 17:26Comments(0)試合予定・結果

いよいよ新人戦

2020年12月10日

新人戦(春季全国予選)初戦がいよいよ3日後になりました。

毎年の事ですが参加チームの戦力は全くって言っていいほどわかりません。

合同チームで参加するチームもあって、県民スポーツ大会までの戦力をみてもあてに
ならない感じですからね。

まぁ、わかったところで自分たちが持っている力を出し切れなければ勝負にはならなと思
います。


新人戦の過去10年間(1回は不出場)で深谷ジュニアは優勝2回、準優勝2回、3位2回
しています。

初優勝した6年前の新人戦は不思議な勝ちが続き、あれよあれよという間に優勝してしま
いました。

4年前の2回目の時は優勝できると確信して臨み、優勝を掴んだって感じでした。

センターラインにレベルの高い選手が揃っていて結構良い勝負が出来るのではないかと
思って臨んだ時には初戦で大敗を喫してしまいました。

新人戦は本当に難しい大会です。


今年の深ジュニは子供達の経験値では他のチームより上を行っているように思います。

その経験値というアドバンテージを上手に活かすことが出来るか。

特に新人戦は経験値が優位に働くことが多いです。

見た目は背が小さく華奢な子ばかりですがやってくれるでしょう!

期待をもって臨みたいと思います。


とにかくあと3日。

4年ぶり3回目の優勝を目指して最高の準備をして試合を迎えられる様にしましょうね。

2016年新人戦優勝時

2016年新人戦優勝時
この写真で正式ユニフォームを着ることが出来なかったちびっ子達が今年の主力です!
  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 14:50Comments(0)ちょっとひと言

自主練の大切さ

2020年11月18日

今回の県民スポーツ大会を通してバットを強く振ること、強い打球を打つことは出来ていた
と思います。

バットを振らないことには打球も飛ばない。

ヒットも出ない。相手にプレッシャーも与えられない。


1回戦、2回戦ではたくさんの外野の頭を越える打球を打ちました。

しかし準決勝の西少女ソフト戦では13奪三振をくらいました。

前回も書きましたが相手ピッチャーがとっても良かった。

手も足も出なかった。

でも13三振が全て空振り三振。

それも力いっぱい振っての三振。

悔しかったですが、清々しさ、頼もしさ、成長を感じたのも事実です。

でも打てなかったのは相手が上だったって事。

相手以上の結果を出すにはそれを上回る努力が必要って事ですね。


深谷ジュニアでは皆で行う週末の練習も大事ですが、それ以上に自主練の大切さを
子供達に植え付けたいと指導しています。

ソフトボールだけでなく学校の授業も勉強もお手伝いも。

自ら考え行動する、努力する事によってより良いものが身に付いていくと思います。

まだまだ心が甘い子も居ますが、少しずつ自ら行動できる子も増えてきているように
思います。

伸びしろ十分の深谷ジュニアっ娘!

来月の春季全国予選、来年の各種大会ではどんなパフォーマンスをみせてくれるか
楽しみです!





  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 11:40Comments(0)ちょっとひと言

この悔しさを次につなげよう!

2020年11月16日

8、15日に県民スポーツ大会が行われました。

結果は悔しい悔しい準決勝敗退。

3位でした。

コロナ自粛からの活動再開後はこの大会を目標にしていただけに子供達も悔しさが滲み
出ていました。

大半の子が瞳から涙がこぼれ落ちていました。

それだけ一生懸命に練習してきたって事。

でもまだまだ力が及ばなかった。

当然相手チームも一生懸命に練習してきた事だと思います。

もっともっと頭を使い、考え、練習し、成長しなければならなかったって事でしょう。


1回戦、2回戦は順調にコールド勝ちで2日目の準決勝進出。

準決勝の相手は今年度埼玉県内では頭一つ抜きに出ている西少女ソフトさんでした。

昨年の新人戦では最終回に3点差を逆転されてサヨナラ負け。

コロナ自粛前の2月に行った練習試合では1勝1敗。

何とかロースコアで食い下がっていけば勝機はあると思い臨みましたが・・・・

見事に打ち砕かれました。

いつも思いますが、6年生の成長は凄いですね。

身体も心も最も成長する時期。

相手エースピッチャーの成長ぶりには驚かされました。

90K超の球速、ライズ系の球筋、インコースを突けるコントロール。

手も足も出ませんでした。

ディフェンスでもエラーが尽く得点に絡み10失点。

完敗です。


これで深谷ジュニアの二人の6年生の出場できる公式戦は終了しました。

今年に入ってからはほとんどの大会が中止となりとても悔しい思いをしました。

関係者の方々にご尽力いただき開催された、関東交流大会、県民スポーツ大会では
優勝することが出来ませんでした。

とてもとても悔しい1年でしたが、この悔しさをしっかりと心の中に持ち続け次のステージ
では輝いて欲しいと思います。


5年生以下は約1ヶ月後には春季全国大会予選が控えています。

深谷ジュニアのバッテリーは4年生。

まわりを5年生が支えていく布陣です。

まだまだ伸びしろは十二分にあります。

何としても優勝して4年ぶりの全国出場権が掴み取れるように頑張っていきましょう!


コロナ禍で開催が危ぶまれる中、大会を開催して頂いた埼玉県協会、深谷市協会には
心より感謝いたします。

また感染対策を取りながら、有観客試合にして頂いたことは本当に有難かったです。

埼玉県は中学、高校は3年生最後の大会も新人戦も無観客で行いました。

子供達だけでなく保護者にとって区切りをつける事が出来なかった。と多くの声を聞く中
中学、高校ほどでは無いにしろ、頑張ってきた子供達の最後の雄姿を現場で一緒になり
見ること、応援することが出来たのは保護者にとっても一つの区切りが出来たと思います。

本当に有難うございました。

まだまだ厳しい状況が続きますが、皆さんで協力し合い、考え、乗り越えていきましょう。


この大会で対戦して頂いた、高岩イヤーズさん、川越マリナーズさん、西少女ソフトさん
有難うございました。

2日間ともにたくさんの保護者の方に応援に来ていただきました。

本当に本当に有難うございました。



  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 15:38Comments(0)試合予定・結果