関東親善大会1日目、2日目

2017年07月18日

連日ここ深谷市は35度越えの猛暑日です。

この3連休も暑かったですね~

深谷ジュニアの季節って感じです。

こんな猛暑の中でも3日間で体調を崩す子は一人もいませんでした。

さすが深ジュニっ娘ですね!


全国2週間前ですが、15日は全国大会前最後の本拠地練習を行い細かな連係プレーの
確認を中心に練習しました。

良い調整が出来ているって感じです。


翌16日は毎年参加している第30回関東親善大会。

深谷ジュニアは6年前から参加させて頂いており、毎年この大会で夏の上位大会に向け
て大きく成長させてもらっています。

全国大会、関東大会、東日本大会に出場するチームが計10数チーム出場する大会なの
で非常にレベル高い大会です。

試合時間も2回戦からは90分試合となるため仮想上位大会としてもとってもよい大会です。

会場の栃木県佐野市も暑かったですが、以前にも書いたように深ジュニは暑さには
めっぽう強いので何の問題もなく元気にプレー出来ていました。


初戦は東京都の大田チェリーズ戦でしたが、5年生中心に出場しなんとか勝利を収め
2日目へと駒を進めました。

2日目の2回戦は埼玉の狭山ライオンズ、準々決勝は栃木の岡本北ソフト戦でしたが、
打線が爆発し2試合ともにコールドゲームで準決勝進出を決めました。

良い感じです!


そして22日に行われる準決勝は栃木のHOKUTO・SBCとなりました。

全国出場組の宝泉プリティーズを破った岡本北ソフト、強戸キャッツを破ったHOKUTO。

夏は何があるかわかりません。

深谷ジュニアの反対ゾーンはオールあきる野女子が圧倒的な強さで勝ち進んできて
います。

この大会を良い流れで終え、全国大会に臨みたいと思っています。

22日も一戦必勝で頑張りましょう!


2日間で試合をして頂いた大田チェリーズさん、狭山ライオンズさん、岡本北ソフトさん
有難うございました。

遠いところまでたくさんの父母の方に応援に来ていただきました。

有難うございました。




  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 11:17Comments(0)試合予定・結果

いい感じです!

2017年07月11日

この7月に入りだいぶいい感じになってきました!

全国大会を想定した2日の強化試合も90分×2試合を勝ち切り、そして9日の強化試合。

男子の埼玉県代表として全国大会に出場するチームと関東大会に出場するチームとの
対戦は成長を感じさせる試合でした。


この2試合も全国大会を想定した90分試合。

2試合ともに先制されるも粘り強く戦い、中盤、終盤で逆転することが出来ました。

深谷ジュニアの持ち味を十分に発揮することが出来た試合だったと思います。


普段70分試合に慣れているチームが殆どなので、90分試合は終盤の6、7回が勝負の
分かれ目となる事が多いです。

如何に集中力を持続することが出来るかが勝負の分かれ目になると思います。

増してや夏の暑い中の連戦になると尚更です。


毎年、深谷ジュニアの子供達は夏の暑さにはめっぽう強いです!

日本一暑い土地で毎週熱く活動しているので、暑い方が動きが良いです。

9日も35度超えの気温の中、90分試合を2試合連続で行い、昼食を挟んでその後練習
を行いましたがみんな凄~く元気でした。


解散後はこの日は深谷市の七夕まつりが市街地でやっていたので子供達の多くは急い
で繰出したようです。

大人達も子供達に負けずと我が家に集合しバーベキューを行いました。

ホントみんな元気です!


深谷ジュニアの季節がやってきました!!

全国大会まであと18日。

16日から始まる関東親善大会でさらに勢いをつけ、もっと良い状態で全国大会に突入
したいです。


ここにきて怖いのは病気と怪我。

細心の注意を払って生活しましょう。


暑い中お越しいただいた指扇ライオンズ男子さん、原谷育成会さん、有難うございました。

お互いに上位大会頑張りましょう!

この日も多くの父母の方に応援に来ていただきました。

有難うございました。



  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 16:20Comments(0)試合予定・結果

強化試合&リーグ戦

2017年06月14日

10日は強化試合、11日には県北リーグ戦が行われました。

本格的に夏の全国大会に向けて始動してからの最初の強化試合。

またまた恐らく夏の全国でも優勝候補になるであろうオールあきる野女子さんとの対戦
から始まりました。

オールあきる野さんには毎月のように深谷まで来ていただき、そして高いレベルのプレー
を体感させていただいて本当に有難いです。

新チームになってから既に12試合やらせて頂いていて、春の全国前まではそこそこ良い
試合をしていましたが、ここの所差が広がってきている感じがしています。


この日の試合も先取点をとり良い流れで試合に入った感じがしましたが、中盤に追い
つかれ、終盤に逆転されるという展開で地力の差を感じる試合でした。

鶴ヶ島RF戦も学びの森SBC戦もあまりパッとせずに終わったって感じです。

まあ、これから徐々に上げていけば良いのですが時間が無いのも事実。

早く本気モードになって全国で戦える状態までにしていきたいと思ってます。


試合をして頂いたオールあきる野女子さん、学びの森SBCさん、鶴ヶ島レッドファイターズ
さん、有難うございました。

また宜しくお願い致します。



翌11日には春の県北リーグ戦が行われました。

深谷ジュニアの原点でもあるこのリーグ戦。

参加チームが少なくなってしまって寂しい感じがしますが、この日の2試合は大変貴重な
内容の試合をさせて頂きました。

1試合目の川本女子ソフト戦は5年生以下でチームを組み試合を行いました。

参加した1年生までの全ての子供達が出場することが出来大変良い経験となりました。

2試合目の行田少女ソフト戦ではレギュラー組でオーダーを組み行いましたが、普段から
目指しているソフトを子供達だけで実践してみました。

何をしたかは??ですが、非常に面白かったです。

またやってみたいと思います。

試合をして頂いた川本女子ソフトさん、行田少女ソフトさん、有難うございました。


今日で全国大会まであと45日です。

あっという間に来てしまいそうです。

一日たりとも無駄にしないよう、自覚を持って取り組んでいきましょう!

二日間に渡り、たくさんの父母の方に応援、お手伝いに来ていただき有難うございました。








  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 14:04Comments(0)試合予定・結果

ボール投げ教室・体験会&強化試合

2017年05月22日

先週に引き続き20日にもボール投げ教室&体験会を開催いたしました。


今週も6人もの子が参加してくれました!

嬉しいですね~。

今回もボールの握り方、腕の使い方やステップの仕方などのチョットしたコツを教え
ましたが、それだけで飛躍的に距離が伸びた子もいました。

昨年のテストでは17mだったといっていた子がコツを掴んだことで32mまで飛躍。

凄いですよねー。

こんな子が他にもたくさん居るんだろうなー。

今度は学校にボール投げ教室の開催を投げかけて見ようかなぁ。と思いました。


今回参加の6人の内2人は先週から続けての参加で、体験会にも参加してくれました。

深ジュニのチビッ子達と一緒にバッティングをやったり、Tボールでゲームをやったりと
とっても楽しそうでしたね。

また、6月3日の体験会にも参加してくれるみたいです。

お待ちしておりま~す!



そして翌21日には強化試合を行いました。

全国予選以来の試合。

以前ブログにも書きましたが、全国予選まで怒涛の3ヶ月半を過ごしてきたので、ここ
2週間はリフレッシュの意味も込めて、と~てもゆる~く活動をしてきました。

そんな中での試合相手は全国でもトップレベルのオールあきる野女子ソフトさん。

3試合やらせていただきましたが当然のように、見事にボッコボコにやられました。


ここから夏の全国大会に向けて気持ちを入れなおして、再出発する上で最高の相手と
試合をやらせて頂いたと思います。

子供達にも話しましたが、休憩時間は終わりです!

今日より全国大会に向けてギアを上げていきます!

6月より毎週強化試合を組みました。

全国大会初戦まで69日。

一日も無駄にすることなく突き進んでいこうと思います。

ご協力のほど宜しくお願い致します。


試合をしていただいたオールあきる野女子ソフトさん、有難うございました。

また宜しくお願い致します。

この日もたくさんの父母の方に応援に来ていただきました。

有難うございました。





  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 13:05Comments(2)試合予定・結果

スタートラインに立ちました!

2017年05月09日

5月4、5日にさいたま市で行われました第31回全日本小学生ソフトボール大会埼玉予選
で深谷ジュニアは3年ぶり2回目の優勝を飾ることが出来ました!

1回戦 vs鶴ヶ島レッドファイターズ 5-3

2回戦 vs戸田クラブ 19-0

準決勝 vs狭山ライオンズ 6-3

決勝 vs北本リトルウィッチーズ 6-4


これで目標としていた夏の全国大会への出場権を獲得しスタートラインへ立つことが出来
ました。


正直、この大会を通してパフォーマンスは良くなかったです。

1月下旬の強化試合から始まり

2月中旬の関東選抜大会県北予選 突破

3月中旬の関東選抜大会埼玉県予選 優勝

3月下旬の春季全国大会 ベスト8

4月上旬の全日本大会県北予選 突破

4月下旬の関東選抜大会 優勝

5月上旬の全日本大会埼玉県予選 優勝

更にこの間に強化試合を40試合ぐらい行いました。

怒涛の3ヶ月半。

ラストスパートのGWの最後は最大の目標であったこの全日本大会埼玉県予選。

子供達も保護者も指導者も疲労と精神力のピークだったように思います。

かなりきつかったです。


春季全国大会、関東選抜大会に比べ、やはり動きはそうとう重かったです。

でも勝ち切ることができた。

地力が着き精神的にも強くなった子供たちを見ることが出来ました。

1回戦、準決勝、決勝では終盤流れ的には逆転されてもおかしくないピンチがありました
が集中力と精神力で落ち着いて乗り切ることが出来ました。

ベンチで見ていても焦りは全く無かったです。

本当に本当に素晴らしく頼もしい子供達へと成長したように思います。


春季全国大会がベスト8で終わり、その後子供達の口から夏の全国大会ではベスト4
に入りメダルをもらいたい!

こんなにも私たちを応援してくれるお父さんお母さんにもっと良い思いをさせてあげたい。

との言葉が出てきて新たな目標が出来ました。

明確な目標を持ち突き進んでいく時の成長度は凄いものがあります。

まだまだ子供によって意思の強さの温度差は多少ありますが、とっても良い方向に向か
っています。


目標に向かってのスタートラインに立ちました。

新チームがスタートしてからここまで沢山の方にお世話になりました。

深谷市協会、県北協会、埼玉県協会の方々をはじめ、強化試合や練習試合をやって
くださったチームの方々、深谷ジュニアを応援してくださる地域の方々、お父さん、
お母さんおじいちゃん、おばあちゃん、など家族の方々などなど・・・・。

本当に本当に有難うございました。


少しの休息期間を持ち、身体のケアをしてから再出発したいと思います。

これからも深谷ジュニアは成功に向かい躍進していきます!

引き続きご支援ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。


成功の為の7ヶ条 + 1

1、素直であること
2、好奇心旺盛であること
3、忍耐力がありあきらめないこと
4、準備を怠らないこと
5、几帳面であること
6、気配りができること
7、夢を持ち目標を高く設定することができること
+1、夢、目標に向かって限りなく努力が出来ること

~最後まであきらめず、粘り強く、全力で取り組む!~




  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 11:05Comments(0)試合予定・結果

関東選抜大会 初優勝!

2017年05月01日

4月29、30日に群馬県館林市で行われました第27回関東小学生選抜ソフトボール大会
に出場した深谷ジュニア。

な~んと!優勝することが出来ましたーー!


1回戦 群馬代表 強戸キャッツ 5-2

準決勝 東京代表 中富ソフト 10-2

決勝 神奈川代表 厚木SC 3-1


全国大会に出場したことにより子供達が大きく成長した姿を見ることが出来た大会でした


3試合を通して特に守備が素晴らしかったです。

少々のミスはありましたがそれ以上に積極的なプレーで何度もピンチを乗り越えた事が
今回優勝できた要因だと思います。

特に決勝では初回1点を先制された後のノーアウト満塁のピンチにライトライン際に
飛んだ打球を超スーパーキャッチでダブルプレーを取ったことが大きかったですね~。

最終回にも再度ライトがスーパーダイビングキャッチで勝利を呼び込みました。

その他にもショートやサード、レフトなども落ち着いたプレーで沢山の打球を処理
出来ました。


攻撃面でも深谷ジュニアの得意な足攻(ソッコウ)が炸裂しましたね~。

攻守共に練習の成果が出た3試合でした。



今までの深谷ジュニアの上位大会での最高成績は、

東日本大会 準優勝

関東大会 3位

全国大会 ベスト8


そして今回初めてタイトルを取ることが出来ました!

嬉しいですね~。


これで良い流れで全日本大会埼玉県予選に入れそうです。

子供達もメインはこの大会じゃないことを理解しています。

5月4、5日で行われる埼玉県予選で優勝し、全国大会出場権を獲得して初めてスタート
ラインに立ちます。

あくまで目標は全国大会ベスト4。


いつもはその日に行う祝勝会も今回は行いませんでした。

スタートラインに立ってから皆でお祝いをしましょう!


この大会で試合をしていただいた強戸キャッツさん、中富ソフトさん、厚木SC少女さん、
有難うございました。

二日間に渡り沢山の父母やおじいちゃん、おばあちゃんに応援に来ていただきました。

本当に有難うございました。








  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 16:59Comments(0)試合予定・結果

決戦間近!

2017年04月24日

今度の土日、29、30日は第27回関東選抜ソフトボール大会です。

そして関東大会が終われは直ぐに、5月4、5日は全日本大会埼玉予選になります。

埼玉予選の組み合わせも決まりいよいよって感じです。


先ずは関東大会。

初戦の相手は強戸キャッツです。

大舞台での勝ち方を知っている大変手強い相手です。

とにかく全力でぶつかっていきます!


そして全日本予選。

深谷ジュニアはここ2年続けて決勝戦で敗退して全国の切符を逃しています。

初戦の相手は鶴ヶ島レッドファイターズに決まりました。

今シーズンの対戦成績は2戦2勝。

鶴ヶ島RFは毎年この大会に標準を合わせてしっかりとチームを作ってきます。

2年前は決勝戦で惜敗を喫しました。

先ずは初戦!

勝利して勢いを付けたいと思います。


この2週間の強化試合。

春、夏の全国大会出場チームや関東選抜大会出場チームなど強豪チームとの対戦
でしたが無敗でのりきりました。

5年生以下の試合も2試合でき、新1、2年生も試合に出場できました。

チームの雰囲気も最高に良いです!

あとは最高の準備をして全力で戦うだけ!

関東大会、埼玉予選と厳しい対戦が続きますが、集中力を保ちチーム一丸となって勝利
を掴み取りたいと思います。



関東選抜大会の埼玉予選の記事が昨日載りました。

かなり取り扱いも大きく嬉しいです。

記事にもなってます得意の ”足攻” (ソッコウ)で深谷ジュニアらしい戦いをしたいと
思います。







  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 09:23Comments(0)試合予定・結果

再始動

2017年04月20日

先月29日に全国大会から帰ってきて、ゆっくりと休む間もなく新たな目標に向かって
再始動しました。


4月2日には全日本大会の県北地区予選があり、寄居ジュニアを破り県大会出場を決め
ました。

つづく8日にはあきる野市に遠征し、オールあきる野女子と、薮塚チェリーズと強化試合を
行ってきました。

翌週15日には薮塚本町南小にお邪魔して、薮塚チェリーズと強戸キャッツと強化試合を
行ってきました。

翌16日には花園小学校に大和ホワイトガールズ、オールあきる野女子、馬頭ウィングに
お越しいただき強化試合を行いました。

また23日には急遽、習志野遠征が中止となってしまったのでそこに参加する予定に
なっていました大和ホワイトガールズ、有馬ドリームズ、上千葉フレンズ、オール葛飾に
花園小学校まで来ていただき強化試合をする予定となっております。

そして29、30日は群馬県館林市で開催される関東選抜大会に埼玉県代表として出場
します。

それが終わると、いよいよ5月4、5日で行われる全日本大会埼玉県予選会です。

鬼のようなスケジュールの4月ですが気持ちは充実しています!


強化試合では全国大会に出場したチームや関東選抜に出場するチーム、夏の全国に
出場するチームなど各県の実力上位のチームと試合をさせていただいております。

大変有り難いです。

そんな強豪チーム相手でも全国大会の勢いそのままって感じで良い試合が出来ています。

全国大会明けでモチベーションの低下も心配しましたが大丈夫そうです。

後は体調管理。

新学期も始まりタダでさえ神経を使っていると思いますので、疲労の蓄積が心配です。

あと2週間。

気持ちを引き続き充実させ集中力をもって乗り切りたいと思っています。


そしていつも言っているように最高の準備をして全国予選に臨みたいと思います。

チーム一丸となり頑張りましょう!


全国予選が終わったらBBQや慰労会、祝勝会などなどたくさん楽しみましょうね~。




  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 12:55Comments(0)試合予定・結果

春季全国大会in小田原③

2017年04月17日

全国大会の事を書き終わるまで3週間近くかかってしまいました。

この時期は忙しいですね~。

でも忙しいってことは毎日が充実してるってこと。

毎日が楽しいです!



小田原に来てから5日目。

29日は準々決勝。

対戦相手は秋田県代表 八郎潟町スポーツ少年団です。

前日の夕方からまた少し雨が降ったのでグランド状態を心配しましたが、少し湿っている
程度で問題なく試合が出来ました。


秋田県と埼玉県。

接点はめったに無いはずですが、八郎潟さんとはここのところよく大会でお会いして
いました。

2年前の三重での全国大会初戦敗退後の交流戦で試合をやらせていただきました。

昨年の東日本大会では対戦こそはありませんでしたが、表彰式に隣同士で並び会話を
させていただきました。

確か、2年前の交流戦をやったときは3年生ぐらいの小さな子が多かった記憶があります。

おそらくその時の子供たちが主力となっての今大会なのだと思います。


深谷ジュニアの先攻で始まったこの試合。

子供たちは疲れも見せずに元気でした。(間違いなく疲れている筈ですが・・・・)

先頭バッター、2番バッターと連続で出塁し、ノーアウト1、2塁のチャンスを作ります。

続く頼れる3番キャプテンが初球を打ちにいきますが、捕らえることが出来ず1アウト。

しかしその後の4番も出塁し、1アウト満塁のチャンスが続きます。

終わってみればここが1つ目の勝負の分かれ目でした。

つづく5番が見逃し三振。

6番もサードゴロでチャンスをものに出来ずに終わります。

ここで1点でも取っていれば一気崩すことも出来たかな。


3回にも同じく1アウト満塁のチャンスを作ります。

続く打者が打った1、2塁間の打球が1塁ランナーの足に当たる不運。

続くバッターは三振でまたもやチャンスをつぶします。

ここが2つ目の分かれ目。


こうやってチャンスを潰しまくっているとやっぱり流れは相手に行きますよね。

エラーでランナーを出してしまった後、4連続長短打を打たれ5失点。

一気に流れが相手に行ってしまいました。

でも、少しずつ反撃し4回に1点、5回の攻撃で2点を返し3-5。

なおも1アウト3塁のチャンス。

一点差で終盤に入れば何かかある。と思っていたのですが・・・

つづくバッターが見逃し三振。

次のバターも打ち取られ2点止まり。

ここが3つ目の分かれ目。

そうすると次の回にやはり追加点を取られ万事休すです。


結果3-7の敗戦となりました。

残塁9。

負けに不思議な負けなし。ですね。


深谷ジュニアの3度目の全国大会はベスト8で終わりました。

悔しいですが、全国未勝利だったチームがベスト8まで勝ち進み目標を達成した
ことは素晴らしい頑張りだったと思います。

メダルまでもう少しのところまで来ました。

子供たちは試合終了後ほとんどの子が悔し涙を流していました。

悔しいと思う気持ち。

成長するためには大切な要素です。

新たな目標が出来ました。

夏の全国大会でメダルを取る!

夏の全国で取ることは、春以上に難しいことなのはわかっています。

しかし目標に向かって努力をしていく。

深谷ジュニアの子供達ならできると思います。

これからも子供達、保護者、指導者の心をひとつにして頑張って行きたいと思います。



今回全国大会出場にあたって大変多くのかたからご支援をいただきました。

また多くの方から熱い声援をいただきました。

お陰様で大変素晴らしい経験をすることが出来たことに心より感謝いたします。

本当に有難うございました。


引き続き子供達と共に素晴らしい経験が出来るよう熱く指導していきたいと思います。

今後も深谷ジュニアソフトボールクラブを宜しくお願い致します。


大会が終わり29日の夕方に深谷に戻りました。

出発前には咲いてなかったホームグランドの桜の花が咲き始めていました。





  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 12:33Comments(2)試合予定・結果

春季全国大会 in小田原②

2017年04月12日

28日、やっとこの日が来ました!

深谷を出発してから4日目。

待ちに待った深谷ジュニアの初戦。

以前にも書きましたが、試合がしたくて、したくて、こんなにもストレスが溜まったのは
初めてです。

子供達もウズウズしているようでした。


試合は第2試合でしたので余裕をもって会場に着いて練習を開始。

やっぱりなれない場所での連泊ですので、多少の疲労度は隠せません。

しかし、前日も来て練習をし薮塚チェリーズの応援などもしたので会場の雰囲気には
のまれていませんでした。

いつも通りの雰囲気で練習をしいつも通りの流れで試合へと入る事が出来ました。


深谷ジュニア初戦の相手は青森県代表 六戸小学校スポーツ少年団です。

前日に1回戦を大差で突破してきているチームです。

深ジュニの後攻で始まった試合、立ち上がりファーストファールフライ、スライディング
キャッチのファインプレイから始まりました!

大きな大会になればなる程入り方が大事になりますが、最高の試合の入りでしたね。

簡単に3者凡退で終わり、深谷ジュニアの攻撃。

1、2番は打ち取れてしまいますが、3番が四球、そして4番のライトオーバーのホームラン
が飛び出し一気に試合の主導権を握りました!

その後も守りは安定し、攻撃は毎回のように得点し結果、8-1で勝利しました~!

深谷ジュニア全国大会3度目の出場で念願の初勝利を挙げることが出来ました!


とにかく嬉しかったですね~。

3年前の夏、初挑戦の全国は訳の分からないままに0-9で敗戦。

2度目の全国は2年前の春、勝てる試合を自滅してタイブレーカーの末、7-9で敗戦。

全国大会で勝つためには・・・・

沢山のことを勉強させていただき、3度目の正直、やっとの思いで勝ちを掴み取ることが
出来ました。



続いての第3試合でベスト8進出をかけて愛媛県代表 伊予バンビーズスポーツ少年団
と対戦しました。

深ジュニの先攻で始まったこの試合、初戦勝利の勢いそのままに先制攻撃で2点を先取
することに成功。

しかし、相手も1、2回戦ともに圧倒的強さで勝ち上がってきたチーム。

3番からの4連打をくらい直ぐさま同点に追いつかれました。

その後も相手の打線は強力でしたが何とか踏ん張り、深ジュニは3、5回に追加点を挙げ
5-3で迎えた最終回。

1アウト満塁のピンチを迎え、や~な雰囲気が漂っていました。

続く相手5番バッターの強烈なライナーがショートを襲い一瞬肝を冷やしましたが好捕し
2アウト。

6番バッターの打球は難しいハーフライナーがセカンド前に飛び、これを取ることが出来ず
1点。

尚もまだ2アウト満塁、1打サヨナラ負けのピンチ。

続く7番バッターの打球はピッチャーの足元を襲う強烈な打球でしたが、この日とても
フィールディングが良かったエースが反応よく身を呈して打球を止め・・・・

ゲームセット!

冷や冷やの勝利を掴み取ることが出来ました。

簡単には勝たせてもらえない事はわかってましたが・・・・

疲れた~って感じでした。


帰り際に伊予バンビーズの子供達と名刺交換や写真撮影をさせていただきました。

伊予バンビーズもこの大会には強い思いを持って臨んで来ていたことを監督さんが
仰ってました。

新6年生が7人いて、体が大きく能力が高い子が揃っているチーム。

内3人は幼稚園からソフトボールを始め主軸選手となり集大成の年。

夏の全国大会でお会いすることを約束して別れました。


これでベスト8進出です!

今年の年初に目標設定したベスト8まで来ました。


ベスト4をかけた試合は秋田県代表 八郎潟町スポーツ少年団との対戦となりました。

つづく・・・







  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 11:46Comments(0)試合予定・結果