素晴らしい大会でした! 山梨オープン

2018年02月13日

10、11日と山梨県中央市で行われました”山梨オープン寒中杯”に参加してきました。


今シーズン最初の県外試合。

そして今シーズン最初の宿泊遠征。

新人戦が終わってから約3ヶ月がたち、子供達がこの間どれだけ成長したかを見るのが
とっても楽しみでした。

1週間前には雪が降り、山梨で開催出来るのか、それとも会場を静岡に変更して行うのか
と心配されましたが、皆さんの日頃の行いの良さと念力で予定通り開催出来ました。

参加チームは

山梨ソフトボールクラブ
静岡イーストマックス
静岡ビスケッツ
岐阜ドリームス
長小シスターズ(滋賀)
鵜坂ダイヤモンド(富山)
大和ホワイトガールズ(神奈川)
強戸キャッツ(群馬)
鶴ヶ島レッドファイターズ(埼玉)
深谷ジュニア     

10チームです。

この春の全国大会に出場するチームや各県のトップレベルのチームばかりです。

この時期の試合は強化に重点を置き、勝負は二の次とよく言います。

しかし深谷ジュニアの指導方針はチームの強化、個人のレベルアップを念頭には置いて
いますが、常に勝負に拘ること。負けて良い試合は無い。と子供達には言っています。

今回も勝ちにこだわり、それによって自信を付け、成長させ、強化していく事を目標に臨み
ました。

二日間で8試合。

年長さんも含め全員が試合に出ることが出来ました。

チビッ子は出場時間は少なかったですがとっても良い経験、自信になったと思います。

結果は、6勝1敗1分け。(静岡イーストマックス、鶴ヶ島RFとは試合なし)

上々の出来でしたね。

各県によって環境の違いがあり、今の時期土の上で練習ができないチームもあります。

この結果だけでチーム力を図ることは出来ませんが、深谷ジュニアとしてチーム力が
上がっていることは実感できました。

1敗は強戸キャッツ戦。

この10チームの中では強戸キャッツさんの強さが際立っていましたね。

昨年10月に新チームで試合をさせて頂いた時は、1-2、2-3での敗戦でしたが、
今回は0-6。

差を広げられた感があります。

強戸キャッツさんにこれ以上差を広げられないように必死になって取り組んでいかなけれ
ばなりませんね。

今回この大会に参加して、各チームポテンシャルの高さを感じました。

行動力や実行力、指導力。

そして子供達のソフトボールに対する姿勢。

大変な刺激をもらいました。

例年宿泊遠征試合をした後、子供達は大きく成長します。

そして子供達のみならず保護者も指導者も刺激を受け勉強になります。

遠征費用や準備等で大変ですが、それ以上の見返り、成果があると思います。


本当に有意義な2日間でした。

大会運営や準備等にご尽力いただいた山梨ソフトボールクラブさんには感謝の気持ちで
一杯です。

大変お世話になりました。

有難うございました。

また参加されたチームの皆さんにもお世話になりました。

有難うございました。

今回、遠征試合や練習試合のお声掛けもたくさんいただきました。

本当に有難いです。

その時にはまた宜しくお願い致します。


今回も快く遠征に参加させて頂きました。

会場には行けなかった保護者の方も含め、大所帯でサポートしてくれた保護者の方々
には感謝です。

有難うございました!




  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 10:45Comments(0)試合予定・結果

山梨オープン

2018年02月09日

明日から2日間(2/10、11)でおこなわれる山梨オープンに参加します。

今年度に入って最初の県外試合。

プロ野球もキャンプインして、深谷ジュニアのソフトボールもシーズンインって感じです。

10チームで行われるこの大会、春の全国大会などの上位大会に出場するチームが
ほとんどです。

一応春の関東選抜大会にディフェンディングチャンピオンとして出場する深谷ジュニア。

各県トップレベルのチームと試合が出来るのでと~っても楽しみです!


そしてこの遠征は新チームになって初めてのお泊り試合。

最高学年となった5年生がどのようにリーダーシップをとるか。

例年、宿泊遠征試合をした後、子供達は大きく成長します。

ここから夏の全国大会出場に向けて突き進んでいきます!


選手、保護者、指導者、総勢40名で山梨に乗り込みます!

10チーム中、最大の大所帯!

頑張りましょうね~。


山梨ソフトボールクラブさんお世話になります。

参加されるチームの皆さん、よろしくお願い致します。

  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 09:13Comments(1)試合予定・結果

いろいろありました

2017年12月12日

ブログの更新が滞ってしまいました。

スミマセン。

この間いろいろな行事や試合がありました。

・掛川6年生交流戦

・持久走大会

・深谷市ソフトボール教室

・県北リーグ懇親会

・行田少女ソフトボール大会 などなど

たくさん有り過ぎて何から書いて良いやら・・・・・


少しずつ触れてみたいと思います。

先ずは掛川交流戦。

今年も行ってきました、6年生女子ソフトボール交流会in掛川。

深谷ジュニアは3年連続での出場となりますが、本当に凄い大会です!

今年は関東、東海、近畿、北陸の1都13県から20チームが参加。(埼玉、東京、千葉、
神奈川、群馬、静岡、愛知、岐阜、三重、滋賀、富山、石川、福井、長野)

年々参加チームが増えていますのも、この大会の素晴らしさ、6年生にとってこの大会の
意義が浸透してきている証拠だと思います。

各県セレクションなどをして選抜チームを組んで参加してくるのでレベルはとっても高かく
選手のモチベーションも高いです。

ある県の保護者の方にお話を聞いたら、夏の大会が終わってから6年生はこの大会に
出場することを目標にするそうです。

そして選抜された子は代表としての自覚を持って練習や試合に臨むとのことです。

残念ながら埼玉県はこの時期、6年生の出場できるローカル大会が方々で行われている
為、選抜チームは組めず、5年生を含めての深谷ジュニア単独チームとして参加しました。


深ジュニの子供達に "凄い大会だよ" "レベルが高いよ” とか日頃から話していましたが
県民総体終了後からはモチベーションが上がらず、ふわっ~って感じで大会に臨みました。

案の定、初日リーグ戦の初戦では愛知選抜にボコボコにされてコールド負け。

ここでやっと目が覚めました。

次戦では岐阜選抜に僅差で勝利。

そして迎えた第3戦、富山選抜戦。

これに勝利出来れば辛うじて翌日の決勝トーナメントに出場できる試合。

最終回の2アウト2ストライクまで4-1でリードしていましたが・・・・

最後の1ストライクが取れずに4-5で逆転負けを喫しました。

各チーム選抜されてきた選手たち。

1~9番まで気の抜くことが出来ない打線でしたね。

1ストライクをとる難しさを痛感させられた試合をなりました。

子供達も、指導者も良い勉強をさせて頂きましたね~。


翌日は交流戦となりましたが貴重な経験、時間。

千葉選抜、福井選抜、そしてもう1チームの愛知選抜との試合。

愛知選抜の好投手。

ストレートも速い、チェンジアップも素晴らしい、ライズも投げてました。

少ないチャンスで得点し、度重なるピンチを好守で凌ぎ、結果は3-3。

周りのチームの子供達に触発されてか、深ジュニの子供達も気合が入ってました。

最後の試合で今年一番の試合が出来たように思います。


試合終了後、帰りの渋滞を恐れて足早に退散しましたが、見事に事故渋滞に巻き込まれ
9時間のドライブの末帰宅いたしました。


今年もこの大会では本当にたくさんの良い経験をさせて頂きました。

埼玉県も何とか選抜を組んで参加したい大会です。

来年こそはぜひ実現したいです。

この大会の主催者であります掛川桔梗女子ソフトの皆さん、そして運営の協力をして
頂いた静岡県内のチームの皆さん、大変お世話になりました。

有難うございました。

また、対戦して頂いたチームの皆さん、有難うございました。


懇親会もとっても楽しかったで~す!











あとの出来事はチョビチョビ書いていきま~す。  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 17:09Comments(0)試合予定・結果イベント

新人戦 準優勝

2017年11月14日

12日に新人戦の準決勝、決勝が行われました。

結果は・・・・

準決勝 vs 高岩イヤーズ  5-2 勝ち

決勝 vs 鶴ヶ島レッドファイターズ 1-8 負け


最終結果は準優勝でした。

前チームのメンバー8名が残っている鶴ヶ島レッドファイターズが優勝候補筆頭といわれ
ている中、深谷ジュニアも如何にして対抗するかを考えていました。

そして当然やるからには優勝を狙っていました。

先週の2回戦、そして準決勝では深谷ジュニアよりも力が上であろう狭山ライオンズ、
高岩イヤーズに対し、深谷ジュニアの持ち味を発揮しなんとか勝利出来ました。

しかし決勝では、全くと言っていい程出せず。

あえなく敗退となりました。


終盤までロースコアで接戦に持ち込み最後に勝つ。みたいな展開でしか勝つ方法はない
のかなぁ。とも思っていました。

思い通りにはいかないものですね。

決勝戦だけでエラーが8個。

強い打球を打たれればエラーも出てしまうのは仕方ないところもありますが。

攻撃面でもミスが多数ありました。

負けに不思議な負けなし。ですね。


またここから出直しです。

体調管理も含め今できる最高の準備をして試合に臨むことが出来たか?

各自が自身に問いただしてみて今後に活かしてほしいと思います。

当然私も今後の取り組み方を考えます。


結果として2位でしたので来年4月に行われる関東選抜大会への出場権は獲得しました。

関東選抜大会は前年度優勝チームとしての出場となります。

当然ここでも恥ずかしい試合をすることは出来ません。

この冬の間、各自が自覚を持って取り組むことが出来るかに懸かっているでしょうね。

頑張りましょう。


一昨年から続いていた県大会での連勝記録は23試合で途切れました。

非常に悔しいですがまたここから記録を作っていきたいですね。


次の試合は掛川6年生交流会です。

そして12月に入ると4連覇のかかっている行田大会があります。

6年生の深谷ジュニアでの活動もカウントダウンが始まったって感じです。

有終の美が飾れるように頑張りましょう。


試合をして頂いた高岩イヤーズさん、鶴ヶ島レッドファイターズさん、有難うございました。

この日も本当にたくさんの父母の方に応援に来ていただきました。

有難うございました。


  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 16:53Comments(0)試合予定・結果

年間グランドスラム達成!

2017年10月24日

報告が遅くなりました!

10月15日に行われました県民総体で優勝しましたー!

県民総体4連覇、年間4冠(新人戦、関東選抜、全国、県民総体)を達成!!


この日の天気予報は9時ごろより雨。

天気予報通り、準決勝開始の9時に合わせて雨が降り出しました。

気温も低く悪コンディションの中でしたが子供たちの集中力が切れる事なく頑張りました。

準決勝
vs 寄居ジュニア  9-2 勝ち


その後雨は降ったり止んだりでしたが決勝が始まるころになると本降りとなりました。

最悪のコンディションのなか始まった決勝の相手は鶴ヶ島レッドファイターズ。

予想通りの相手でしたので対策も出来ていましたが、この雨で田んぼ状態になって
しまったグランドでは対策も何も関係ない状態でした。

2回を終わった時点で0-0。

3回の鶴ヶ島の攻撃中に協議が入り、降雨コールドゲームとなりました。


両チーム同時優勝・・・・

良い状態で決勝戦を行いたかったですが、この状態ではしょうがないですね。

スッキリしない終わり方でしたが・・・・

優勝となりました!


絶対に優勝する。との目標を掲げ狙って獲った優勝!

子供達の頑張りに感激です!

表彰式後にはお母さん方からお怒りを買うのを覚悟で ”歓喜のヘッドスライディング” を
やっちゃいました!

とっても楽しそうでしたね!


埼玉県での年間グランドスラムは確か3チーム目。

5年前の花園女子ソフト

4年前の鶴ヶ島レッドファイターズ

そして今年の深谷ジュニア


グランドスラムも凄いですが、何よりも凄いのは同一大会を4連覇したことだと思います。

埼玉県30前後のチームがある中、毎年メンバーも入れ替わり戦力もまちまち。

でも年間最後の集大成の大会では頂点に立つ。

子供達の日々の努力の成果、それに伴う成長が証明されていますね。


この4年間で10冠目。

来年以降も5連覇、6連覇と出来るように頑張りましょうね~

試合をして頂いた寄居ジュニアさん、鶴ヶ島レッドファイターズさん有難うございました。


この優勝で新人戦に向けて良い流れが出来ました。

昨年も県民総体を優勝して、その勢いで新人戦を獲った感じでしたので今年も・・・


新人戦の組み合わせも決まりました。

深ジュニの初戦の相手は川越マリナーズ。

毎年ですが相手チームの戦力は全くわかりません。

分かっているのは鶴ヶ島レッドファイターズの戦力が整っているって事ぐらい。

今回の大会から春の全国大会予選と関東選抜大会予選を兼ねることになっています。

上位大会出場権を掴めるようにチーム一丸となって頑張りましょう!





  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 13:07Comments(0)試合予定・結果

県民総体1日目&強化試合

2017年10月11日

県民総体初日は8日地元深谷市の利根川グランドで行われました。

大会4連覇、年間4冠が懸り、そして6年生最後の公式戦であるこの大会は絶対優勝を
目標に掲げ臨んでいます。

前日7日に運動会を予定していた学校が天候不良の為この日に順延になってしまった
ので残念ながら3名がお休みでした。

3名中2名は6年生。

チームの絶対的大黒柱であるキャプテン(キャッチャー)と深ジュニの特徴である”足攻”を
リードする選手(ファースト)の2人がお休み。

正直不安がありました。

しかし!代役で入った子が2人が抜けていることを感じさせない活躍をみせてくれました!


初戦 
春日ジュニアキング 14-5

2回戦
東松山選抜 15-0

初戦では途中から新人戦を見据えた5年生以下で試合をすることも出来ました。

失点こそしてしまいましたが良い経験が出来たように思います。

とにかく準決勝進出!

ホットしました。

準決勝の相手は同じ北部地区の寄居ジュニアソフトに決まりました。

反対ブロックでは予想通り鶴ヶ島レッドファイターズと行田少女ソフトが残っています。

あと2戦。


14日にも運動会の学校があります。

天候が心配されます。

全員で今年度の集大成となる戦いがしたいです!

頑張りましょう!

試合をして頂いた春日ジュニアキングさん、東松山選抜さん、有難うございました。



9日には群馬県の強戸キャッツさんに常盤公園まで来ていただき強化試合を行いました。

強戸キャッツは6年生が少ない中、夏の全国大会初戦では春の全国チャンピオンを破り
存在感を示しました。

ほぼ固定のまま新チームは戦えるので来年度は全国上位を狙えるチームだと思います。

そんなチームとこの時期に戦えて大変収穫がありました。

現チームで2試合。

新チームで2試合。

昨日の県民総体での反省を踏まえて試合が出来たのでとっても良かったです。


15日の県民総体準決勝、決勝。

そして11/5、12の新人戦。

今のところ良い準備が出来ています。

先ずは県民総体で優勝し、良い流れで新人戦を迎えられるように頑張りましょう!

試合をして頂いた強戸キャッツさん、有難うございました。

2日間に渡りたくさんの父母の方に応援に来ていただきました。

有難うございました。





  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 15:29Comments(0)試合予定・結果

四街道遠征

2017年10月04日

30日に3年ぶりとなる四街道遠征に行ってきました。

3年前は圏央道が開通していなかった為、東北道→首都高速→東関道経由で行って
渋滞に巻き込まれていました。

今年になり成田まで圏央道が通ったので少し遠回りにはなりますが渋滞なく快適ドライブ
で行ってきました。


この日の試合は県民総体前の最後の強化試合。

最高の相手と対戦させて頂きました。


掛川大会に出場するためにチームを組んでいる東京6年生選抜と千葉6年生選抜AB
そして四街道男子チームと計4試合させて頂きました。


中々厳しい試合になるかなぁと思っていましたが・・・・

互角以上に試合ができました!


毎年感じますが6年生って夏休みを終えたこの時期から一気に落ち着き払った成長を
見せてくれます。

夏の大会までは勝利に向かって我武者羅にプレーをしている感じがしますが、この時期
になると急に大人びた感じがして余裕を持ったプレーをするようになります。

最大の目標としていた夏の上位大会も終わり勝っても負けてもここで精神的に大きな
成長をするんですかね。

頼もしさを感じます。


8日からの県民総体。

期待が持てますね!

大会4連覇、年間4冠が掛かったこの大会、何としても優勝したいです。

良い感じで臨めそうです。


昨年のようにまた盛大に祝勝会がやりたいですね~


試合をして頂いた、東京選抜さん、千葉選抜さん、四街道中央小ソフトさん、
有難うございました。

遠いところまで配車、応援をして頂いた父母の方々、有難うございました。


昨年の祝勝会


  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 16:14Comments(0)試合予定・結果

強化試合&市民大会

2017年09月27日

23日は足立レインボーガールズさんと藪塚チェリーズさんに花園小学校までお越し頂き
強化試合を行いました。

前日から当日朝8時ごろまで雨が降っていたので出来るのか心配しましたが、花園
小学校のグランドの水捌けはとっても良いので雨雲レーダーを見ながら予定通り決行
しました。

予報通りに8時過ぎには雨が止み、そこからグランド整備を子供達、保護者、指導者
総出で行った結果、9時には試合が出来る状況まで回復出来ました。

このグランドの水捌けはホントに凄いです!


試合は足立レインボーとは新チームで2試合。

藪塚チェリーズとは現チームで2試合。


県民総体と新人戦の両方に向けて同時進行で強化していくのは大変ですが、今のところ
上手くいっているように思います。

6年生にとっては久々の試合。

とってもイキイキしているように感じられました。

結果も4勝!

新チームは当然多くの課題がありますが日に日に良くなっていくと思います。


翌日24日、午前中は雑誌の取材、午後からは市民大会でした。

雑誌の取材では普段深谷ジュニアが行っている練習をすべて見て頂きました。

どのような記事になるのかわかりませんが楽しみです。


そして午後からは場所を利根川グランドに移して市民大会に参加しました。

4チームで争うこの大会は初戦、決勝ともに男子チームとの対戦。

男の子はピッチングにしてもバッティングにしてもスピードとパワーが違いますね。

しかし深ジュニもスピードボールを打つ練習は普段からやっているので2順目からは
しっかりと対応し得点することが出来ました。

結果は優勝!

前日の強化試合2試合と、この市民大会2試合が県民総体の予行と位置付けて取り
組んでいたので4連勝できて良かったです。


そして夜には遅くなりましたが夏の全国大会の慰労会と県民総体、新人戦の決起会を
兼ねて行いました。

保護者だけで行ったので子供達からはブーイングでしたが・・・・

いつものようにとっても盛り上がりました。


2日間、朝から晩までフル活動でしたので最後は疲労困憊でしたが楽しい2日間でしたね。

この勢いで30日の強化試合も戦い、10月8日からの県民総体で優勝できるように
頑張りましょう!


試合をして頂いた藪塚チェリーズさん、足立レインボーガールズさん、本庄スラッガーズ
さん、長瀞スターズさん、有難うございました。

2日間、本当にたくさんの父母の方に応援に来ていただきました。

有難うございました。






↓ 1時間後



  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 17:55Comments(0)試合予定・結果

実践強化

2017年09月20日

18日にオールあきる野女子さんを常盤公園に迎えて強化試合を行いました。

オールあきる野女子といえば今夏に行われた全国大会で優勝したチーム。

6年生が抜けてしまい新チームは9人揃わず存続が危ぶまれていましたが、この1ヶ月で
新メンバーが加入し新人戦へ参加できる人数が揃った!と今月頭に監督さんから連絡を
頂きました。

そしてこの日が新オールあきる野女子の初戦となったようです。

また新チームも対戦できるようになって嬉しいです!

全国大会前に試合をしたときには新チームの話をすると、 もーダメだ! と寂しい顔を
していた監督さんもこの日は試合中も笑顔満載でした。


全国大会優勝レギュラー選手3人を含む7人のメンバーが5、4年で残っているので人数
さえ揃えばまた強いチームになると思っていました。

深谷ジュニアも5年生以下チームの試合は既に数試合行ってはいますが、6年生は全く
関わらずベンチにも入らず、5年生以下がメインで強化試合を行ったのは初めてでした。

いつもと違った緊張感が漂う中、3試合やらせて頂きました。

監督さんはこんな試合が出来るとは思っていなかった。と言ってましたが、予想通り
全国優勝メンバーが中心となり随所随所で好守、好打が出ていました。

試合結果も深谷ジュニアの1勝2敗。

深谷ジュニアは課題満載でしたね。


新チームも多くの試合をやらせてもらえると嬉しいです。

宜しくお願い致します!


6年生は3試合終了後、5年生以下チームを相手にゲームバッティングを行いました。

試合が出来なかった鬱憤晴らしなのか?打ちまくってましたね~。


23日には現チーム、新チームともに強化試合をやります。

また県民総体の組み合わせも決まりました。

県民総体まで18日。

新人戦まで46日。

最高の状態で試合に臨めるように自覚を持ってしっかりと準備していきましょう!


試合をしていただいたオールあきる野女子さん、有難うございました。

この日も本当にたくさんの父母の方に来ていただきました。

有難うございました。




  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 11:10Comments(0)試合予定・結果

第31回全日本小学生女子ソフトボール大会in浦安

2017年08月02日

昨日の夕方、全国大会の地、千葉県浦安市から戻りました。

今回も出場にあたりたくさんの方々からご支援やご声援をいただき大変感謝致しており
ます。

結果としては非常に残念な結果で、気持ちの切替がまだ出来ていませんが、今後の
糧となる経験をさせて頂きました。

本当に有難うございました。


今大会は東京都代表オールあきる野女子ソフトの優勝で幕を閉じました。

オールあきる野さんとはおそらくお互いに今年のチームになってから最も多くの試合を
やらせて頂いているチーム同士だと思います。

たぶん20試合ぐらいはやらせて頂いています。

もちろん深谷ジュニアでは歯が立たないチーム。

それなのに毎月のように深谷まで来ていただき、多い時には2週連続で試合をさせて
いただいた時もありました。

全国トップのレベルを肌で感じさせていただき、とても鍛えて頂きました。

そんなお世話になっているチームが日本一になりとっても嬉しいです!

準決勝、決勝もあきる野応援団の中に図々しくも混ぜて頂き、一緒に応援をして優勝を
間近で感じさせていただきました。

昨秋から常に夏の全国では優勝するといっていた監督さん。

今大会の監督会議でも優勝宣言をし、本当に達成した子供達。

さすがです!!

感動しました!

オールあきる野女子ソフトさんに関係する皆さん、おめでとうございます!



今回深谷ジュニアは不本意にも2回戦で敗退しました。

全国大会は90分試合。

70分が過ぎてからの20分間で勝負が分かれることがわかっていたので、出場が
決まってからはそこの20分間の集中力と勝負勘、判断力を鍛えてきました。

現に7月に行った強化試合では終盤に力を発揮し勝利した試合もたくさんありました
ので自信を持っていました。

初戦の川部ソフトボールスポ少戦ではその成果が出て終盤の集中攻撃で勝利を掴む
ことが出来ました。

2回戦の広陵町スポ少戦は確かに試合の入りは良くなかったです。

普段ではありえないエラーもでました。

しかし終盤まで粘り、予定通り押せ押せの展開になったときに・・・・。

また最終回にも同点、逆転のチャンスで完全に流れを掴んだときに・・・・。


試合の中で流れってとっても大事です。

特に子供の試合では大きく勝敗が左右します。

2度も流れを止められました。

相手の好プレーや好采配で止められてのであれば仕方がないのですが・・・


納得がいかず未だに切替えが出来ていない大人に対し、子供達はその日の夜、翌日の
行動の相談をしていると、観光にはいかないで練習がしたい! と言ってきました。

最終日もオールあきる野の応援に行きたい!

そんなソフトボールが大好きな子供達に理不尽な思いをさせてしまい正直辛いです。


オールあきる野さんとは準決勝で対戦したかったです。

特攻監督さんからも深谷ジュニアとは準決勝での対戦だなと声をかけて頂いていました。

本当に本当に悔しいです。

負け惜しみと言われても良いです、往生際が悪いと言われても良いです。

深谷ジュニアは最終日まで残る力はあったと思っています。


オールあきる野さんの優勝した姿、表彰式を見ている深谷ジュニアの子供達は何か
感じるものがあったのではないかと思います。

深谷ジュニアは選抜チームではないので毎年全国大会に出場でき、勝負できるチームを
作ることはなかなか難しいです。

でもこの悔しさを晴らすためには全国の舞台に帰ってくるしかないですね。


後味が悪く、悔いの残る全国大会になってはしまいましたが、やはり全国大会は素晴ら
しい場所でした。

あの場に流れる空気。時間。雰囲気。

全国から集まった子供達、指導者、保護者の生き生きとした目。表情。

綺麗に整備されたグランド。

私は全国大会に魅了された一人です。

またこの舞台に立てるように子供達、保護者の皆さんと頑張っていこうと思います。


今回も色々なチームの指導者の方々、保護者の方々とお話しする事が出来ました。

また沢山の事を勉強させて頂きました。

本当に楽しい時間でした。

有難うございました。


最後に5日間の宿泊先であった、民宿いなばん さんには大変良くして頂き快適に過ご
させていただきました。

大変お世話になりました。

有難うございました。


まだまだ現チームの活動は続きます。

ソフトボールが思い切りできる環境に感謝し、これからも日々躍進していきます!

引き続きご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

本当に本当に有難うございました。







  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 17:14Comments(0)試合予定・結果