キャプテンシー

2012年04月26日

先日、知り合いのサッカーコーチをしている方とキャプテンについて熱く語り合いました。


私のキャプテンに対する考え方とかなり共感できるところがあったのでちょっと紹介します。

そのサッカーチームは”Jリーガー”や”なでしこ”を排出している強豪チームで
常に県下トップレベルにいる小学生のクラブチームです。


その方のブログから抜粋

キャプテンのことを特別な想いで見ています。
ある年のキャプテンは足の故障で一年間サッカーをすることができませんでした。
5年から6年にかけての一番いい時期でした。
でも、彼は毎週グランドに来ました。

チームのために、
ボール拾いでもいい、
チームに役に立ちたい、
話を聞くだけでもいい、
みんなに遅れをとりたくない。
その後、彼が常にチームの中心で活躍したことは言うまでもありません。

何のためのキャプテンか?

挨拶の号令をかけるためだけ?
チームを代表して指導者に怒られるためだけ?
一番うまいからやるのか?
声が大きいから?

違うでしょ。

チームが苦しいときに何ができるか。
みんなの信頼を得るにはどうしたらいいのか。

苦しさから逃げずに乗り越えたときに、
誰よりも成長できるのはキャプテンであると思っています。

そういう特権があるからこそ、責任感とやりがいをもってやりぬかないといけません。

・・・・・・・・・・。以上



私もキャプテンには特別な想いで見ていますし特別な接し方をしています。

人一倍厳しくもしています。

スポーツにおいてキャプテンは特別なポジションです。

キャプテン次第でチームが良くもなるし悪くもなります。

強いて言えば強くもなりますし弱くもなります。

そんな影響力のあるキャプテンになれるのは一人だけ。とても名誉な事です。

キャプテンを務め上げたときには大変素晴らしいものが必ず待っています。


ここ近年の深谷ジュニアのキャプテンは素晴らしいキャプテンばかりです。

今のキャプテンはまだまだ成長途中ですが、だいぶキャプテンらしくなってきました。

もっとグイグイとみんなを引っ張って下さい!
チームの為にがむしゃらにプレーをして下さい!

そんなキャプテンにみんなはついていきます。

県下№1のキャプテンにも必ずなれます!なる日も近いはずです!


28日からの連戦。
キャプテンを中心に一致団結して優勝を掴みとりましょうね!!


  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 18:08Comments(0)ちょっとひと言