基本が大切

2016年05月09日

7、8日と練習を休みにした為、時間を持て余していると、高校関東大会の埼玉予選を
近場の熊谷市で開催しているとの連絡が入り早速行ってきました。

7日は準々決勝の4試合を行っており強豪校が順当に勝ち残ってました。

ベスト8に残った高校に深谷ジュニアのOGは4人いて元気に活躍していました。

その他にも同じ深谷市の川本女子ソフトOGや花園女子ソフトのOGなど知っている顔
が沢山いたので見ていてとっても楽しかったです。

準々決勝のカードはこんな感じ。

星野vs浦和東
埼玉栄vs鷲宮
花咲徳栄vs熊谷女子
春日部東vs本庄第一

私立4校、公立4校。

公立高校も頑張ってますね。


ソフトボールの勝負って何が起こるかわかりませんね。

私立の強豪校 花咲徳栄に対して県内トップレベルの女子進学高 熊谷女子との一戦。

圧倒的有利が予想されていた花咲徳栄に対し熊谷女子は体も皆な小粒で細身。

ピッチャーも速い球を投げるわけでもなく小柄な左腕。

試合前のフィールディングを見ていても動きが全く違う両チームでしたが、試合が終わ
って見ればなんと2-1で熊谷女子が勝ってしまいました。

熊谷女子には大変失礼ですが大金星だと思います。

勝因はたった1度のチャンスに3本のヒットを放った集中力とコントロールと緩急で強力
打線をかわし切ったピッチャーの精神力だと思います。

終盤は見ていてドキドキしちゃいました。

集中力と精神力。

勉強にも運動にも、もちろん小学生ソフトボールにも共通して大切なことです。

それが備わっているので熊谷女子は文武両道が出来ているのでしょうね。


この日の4試合を見て勝ち残ったチームの選手たちは皆な基本がしっかりしているな~
と改めて思いました。

強くなるには基本をしっかり身に着けること。

深谷ジュニアも基本練習には時間をかけて行っています。

半日練習4時間の内、キャッチボールが終わりノックに入るまでに半分の約2時間を掛け
ます。

ノックも最初は基本のゴロ取りもやります。

基本は大切。

再認識しました。


深谷ジュニアはピッチングフォームにも気を使ってます。

今回高校生ピッチャーをみて良い球を投げているピッチャーはやはりフォームが綺麗です。

星野、埼玉栄、花咲徳栄あたりは大学や実業団でも活躍している選手を多く排出していま
すが、綺麗なフォームで投げているピッチャーが多いように思いました。

深谷ジュニアのピッチャーはオーソドックスなバランスの良いピッチングフォームで投げる
ように指導しています。

中学、高校と体が大きくなった時に応用を利かすことが出来るにはやはり良いバランス
です。

この辺も再認識できました。


今まで高校ソフトを見るのは年に1回程度。

とっても勉強になる事が多かったので、時間を作りもっと多く見るようにしようと思います。


深谷ジュニアOGは埼玉県と群馬県の高校ソフト部に多く進んでいます。

ソフトボールだけでなく色々な競技でも高校で活躍しています。

出来れば最低でも高校生まではスポーツに関わっていてもらいたい。

長く続けるには基本が大切。

それを心から思った一日でした。

深ジュニOG、頑張れ~!  


Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 11:45Comments(0)ちょっとひと言