県北リーグ戦 3日目

2011年06月28日

26日に県北リーグ戦3日目が寄居運動公園で行われました。

この日の深谷ジュニアの相手は花園女子ソフトです。


花園女子ソフトの先攻でプレイボール!

初回は先頭バッターをエラーで出塁させてしまい最初からピンチを背負ってしまいます。
1アウト3塁のピンチでしたがピッチャーが踏ん張り3,4番を三振に取り切り抜けました。

しかし2回以降は無駄なフォアボールやデッドボールでランナーを出し、その後甘い
コースに投げた球を痛打されて失点を重ねて行き6回までに10点を取られてしまいました。

攻撃ではほとんどがボテボテのゴロに打取られてしまい良い当たりのヒットはたったの1本。
反撃の場面でサインミスや走塁ミスもあり得点することが出来ません。

最終回に相手のエラーで2点を貰いしましたが、結果 2−10で敗戦。 


前回の寄居女子ソフト戦と同じようなパターンで失点をし進歩がありませんね。
 
いつも言っているように同じ失点でも打たれた失点は相手の打者の方が上だったのだから
しかたがないです。

しかしフォアボールやデッドボールが絡んだ失点はチームとしてのリズムを狂わせます。
守備だけでなく攻撃のリズムも狂わせます。

バッテリーはもっともっと頭で考えてピッチングの勉強をしてください。
悪くなった時の修正のし方やバッターとの駆け引きなど。

周りの選手はピッチャーがリズムを狂わせたときの間の取り方、タイムを取るタイミング、
声のかけ方を勉強して下さい。

フォアボールはピッチャーだけの責任じゃありませんよ。


攻撃は見逃し三振が1つだけ。かなり進歩しました。
バットには当たっているのであとはもっと強く振ること。
スイングスピードを上げることです。

もっともっと素振りをしましょう!

指導者としてももっと打てるようになる為に早急に対策を考えます。


あとは気持ちの部分。

深谷ジュニアの子供達には花園女子ソフトに対し苦手意識がかなりあるようで
前日から ”明日は花園かぁ・・・。” みたいな雰囲気が出ていました。
 
これでは勝てませんよね!

たとえ技術では負けていても気持ちで勝っていれば何かが起こる。といつも言っています。

試合前にも激を入れキャプテンやキャチャーなどは気持ちを出してのプレーが見れました。

控えの選手も含めた全員が試合に集中し気持ちを前面に出して試合をする事が出来るように
なればきっと良い結果が出ると思います。

もう少しかなぁ。

監督が言っていたように花園女子ソフトなどの強いチームと個々の技術の差は無いですよ。

キャプテンが中心になってもっともっと強い心を身に付けられるように頑張りましょう!

リーグ戦はあと3試合。

全部勝つぞ〜〜!!

試合をしていただいた花園女子ソフトさん有難うございました。
次に試合した時にはもっと歯ごたえのある試合が出来るようにします。

応援にきて頂いた父母の方、有難うございました。



同じカテゴリー(試合予定・結果)の記事画像
毛呂山町長杯&関東親善大会&関東組合せ
強化試合&毛呂山町長杯組合せ
関東大会埼玉予選会
全国大会第2代表枠
新たな目標に向かって!
いよいよですね!全国予選
同じカテゴリー(試合予定・結果)の記事
 毛呂山町長杯&関東親善大会&関東組合せ (2018-07-28 18:26)
 強化試合&毛呂山町長杯組合せ (2018-07-09 15:09)
 関東大会埼玉予選会 (2018-06-26 18:32)
 全国大会第2代表枠 (2018-05-28 11:49)
 新たな目標に向かって! (2018-05-14 12:40)
 いよいよですね!全国予選 (2018-04-23 11:37)

Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 18:32│Comments(0)試合予定・結果
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。