全国大会 in北海道帯広⑥

2014年08月07日

北海道最終日は当初お土産をゆっくりと買ってまわり帰宅の途に就く予定にしていました。

しかし、全国大会まで来て日本一を決める試合を見ないで帰るのは勿体なすぎる。

急遽、お土産は朝早めに宿を出発しちょっと時間を取り、あとは空港で購入するだけに
して決勝戦を見る事にしました。

決勝のカードは深谷ジュニアも初戦で対戦した岐阜ネクサスジュニアと勢いに乗って
いる北名古屋ベアーズとの対戦となりました。

東海地区対決となりましたが、東海、近畿地区はレベルが高いですね。

関東地区も栃木、群馬を頭にレベルは高いですが・・・。


岐阜ネクサスジュニアは4日間で6試合目。

北名古屋ベアーズは5試合目。

両チームとも見ていて体力的、精神的に相当辛そうでした。

地元で1日4試合や、2日で8試合とかやっても乗り切れるだけの体力は深谷ジュニア
の子も持っています。

それが遠くの地で宿泊しながら4日で6試合は大人でも参ってしまいそうです。

どの子も動きが重そうでしたが決勝戦ですので気力を振り絞ってやってました。


結果は初回に2つの押し出しで2点を取り、終始優位に試合を進めた岐阜ネクサス
ジュニアが4-1で勝ちました。

春夏連覇!おめでとうございます。

改めて深谷ジュニアも日本一のチームと試合が出来た事が嬉しいです。


この開会式を含めた5日間でたくさんの試合を見ました。

指導者も子供達も ここまでのレベルまで行けば全国で通用する っといった目標値が
はっきりしたのではないかと思います。

今後、ジュニアソフトに関わっていく上でもとっても勉強になった5日間でした。

全チームの試合を見た訳ではないのでなんとも言えませんが、私が見た中で素晴らしい
選手、超スーパー小学生が3人いました。

優勝した岐阜ネクサスジュニアのショート。

準優勝した北名古屋ベアーズのキャッチャー。

3位の泉佐野ジュニアガールズのピッチャー。

こういった子達が順調に成長していけば日本を背負っていく選手になるんだろうなぁ。
と思いました。

深谷ジュニアの実力は対戦してみないと分からない所はあるとは思いますが、
今回出場した43チームでは中位ぐらいもしくはベスト16ぐらいの実力だと感じました。

今度全国に来る時にはそれ以上の位置で来れる様に頑張って行きたいです。


決勝戦観戦後は急いで空港まで車を飛ばし、お土産を買い帰りの飛行機へと乗り
込みました。

羽田空港からはチャーターバスで深谷まで戻り、22時ごろの解散となりました。


全員が無事にこの遠征に行ってこれた事が何よりも嬉しいです。

繰り返しとなりますが、深谷ジュニアを応援してくださる皆様のおかげで今回全国大会
という素晴らしい場所に行かせていただき、大変貴重な体験をさせて頂きました。

子供達にとって一生忘れられない素晴らしい思い出になったことと思います。

心より感謝申し上げます。

有難うございました。



同じカテゴリー(試合予定・結果)の記事画像
2018小学6年生女子ソフトボール交流会in掛川
おおたアカデミー大会&ねぎっちゃ強化試合
山梨ソフトボールフェスティバル
山梨小学生ソフトボールフェスティバル
深谷中ソフト部 初優勝!
県民総体2日目
同じカテゴリー(試合予定・結果)の記事
 2018小学6年生女子ソフトボール交流会in掛川 (2018-11-29 12:08)
 おおたアカデミー大会&ねぎっちゃ強化試合 (2018-11-19 12:23)
 山梨ソフトボールフェスティバル (2018-11-12 11:15)
 山梨小学生ソフトボールフェスティバル (2018-10-26 10:18)
 深谷中ソフト部 初優勝! (2018-10-24 10:30)
 県民総体2日目 (2018-10-22 10:11)

Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 16:11│Comments(0)試合予定・結果
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。