ベストパフォーマンス つづき

2016年01月21日

ベストパフォーマンスを発揮するためにはの続きで、体について考えてみます。

体についてっていうと一番最初に思うのは、病気をしないこと、ケガをしないことって事が
頭に浮かぶと思います。

これは基本中の基本。

病気やケガをしたら当然のことながら良いパフォーマンスなんて出来る訳ないですね。

良い選手は病気やケガが少ないです。

なぜ少ないかいというと病気やケガをしないように常に細心の注意をはらっていて、
またしないような準備をしているからだと思います。

準備というのは危険予知であったり、栄養補給や休息であったりもそうですね。

体調管理は重要ですね。


あとは自分の体がどんな状態に時に試合でベストパフォーマンスが出来るかを知る
ことです。

体調を整えるからと言って何もせずにじっとしていてもダメですし、技術の向上だけを
目指し体をイジメすぎるのもダメです。

試合前には適度の体の張り、緊張があった方が良いといわれています。

適度とはどこなのかがわかるのは自分だけです。

それを早く見つけることですね。


あとは体のバランス。

ベストパフォーマンスを発揮するうえで体のバランスってとっても重要です。

試合前などに重たい荷物を持ったりするのは厳禁!

腕の極度の張りや握力の低下、左右のバランスが崩れたりします。

特にピッチャーはバランスには気を配らなければいけません。

投げる方の肩でバックや荷物を持つのもやめた方がよいです。

打者もバットスイングをする時に必ず逆振りもするのはバランスを整えるためです。

バランスの良い選手は左右で同じようなスイングができます。

究極は左右で同じような投げ方が出来ることでしょう。

有名なのはダルビッシュ投手は左右同じような投げ方で、左投げでも130キロ以上の
球を投げるそうです。


もっと他にもベストパフォーマンスを発揮するために注意しなければならない事はたくさん
ありますが、あと一つだけ紹介します。

皆さんあまり気にしていないと思いますが、”爪の長さ”って非常に重要です。

ボールを投げるときの指の引っ掛かりに影響してきます。

長すぎれば引っ掛かりすぎてしまい、また爪を割ったり剥いだりしてしまう可能性も高まり
ます。

短すぎれば爪に掛からず指先だけで投げるのでボールが抜けてしまったり血豆が出来
易くなったりします。

特にピッチャーは爪の長さには細心の注意をはらう必要があり、一流のピッチャーに
なると爪は切らずに削って長さを調整しています。
(削ることによって爪が剥がれにくくなる効果もあります)


まあ、こんな細かなところまで気にするようになれればベストパフォーマンスを発揮できる
ようになってくるのかなぁなんて思います。

頑張りましょうね~!
 


同じカテゴリー(ちょっとひと言)の記事画像
全国で大活躍!深谷ジュニアっ娘
長かった~ですね
深ジュニOGの活躍
感謝の気持ちをもって
6年生の功績(深谷市体育賞受賞)
今年もよろしくお願いします!
同じカテゴリー(ちょっとひと言)の記事
 全国で大活躍!深谷ジュニアっ娘 (2021-11-15 13:06)
 長かった~ですね (2021-10-27 19:16)
 深ジュニOGの活躍 (2021-06-17 16:16)
 感謝の気持ちをもって (2021-03-13 14:36)
 6年生の功績(深谷市体育賞受賞) (2021-02-09 21:01)
 今年もよろしくお願いします! (2021-01-18 18:28)

Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 13:15│Comments(0)ちょっとひと言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。