中学新人戦

2016年10月03日

9月29、30日で中学新人戦、大里・深谷地区予選が行われました。

この新人戦には4つの中学校から13人の深谷ジュニアのOGが出場し、その他にも川本
女子ソフトや寄居ジュニアのOGなども出場していました。


戦力図としては・・・・

川本女子ソフトOGが多数在籍し、先月行われました 石川杯 を制した川本中

寄居ジュニアOGで県GEM選手や県選抜一次選考会通過者など計5人を擁する城南中

深谷ジュニアOGが7人在籍する幡羅中

この3チームはおそらくこの時期のチームとしては纏まっていて県内でも高いレベルの
位置にいると思います。


結果は・・・

深谷ジュニアOG擁する幡羅中が準決勝で川本中を破り、勢いに乗った決勝でも城南中
を逆転で撃破し優勝しました!

決勝後に行われたプレイオフ出場権を懸けた試合では城南中が川本中に競り勝ちました

この結果、城南中は熊谷、本庄地区とのプレイオフに出場しますが、おそらく難なく県大会
出場権は獲得すると思われます。

他地区の実力校なども出場する石川杯を制した川本中が県大会出場権を逃したことを
見ても、この2チームは県大会でも上位に顔を出せる力があるように思います。


決勝戦を見ていて思ったのですが、実力は圧倒的に城南中の方が上だと思いました。

が、ここぞという時の集中力が幡羅中の方が上回っていたので勝ったのだと思います。

集中力!

深谷ジュニアの子供達にも集中力についてはいつも口酸っぱく言っています。

いかに集中することが大事か。

ソフトボールだけでなく勉強もそうです。

人の話を聞くのも集中力があるか無いかで理解度が大きく違ってきます。

ちょっとした差で勝負がついてしまうことが多々ありますが、それは集中力の差です。


城南中は県でも上位の選手が5人もいるだけあって投打が噛合えば県でもトップに近い
位置にいるように思いました。


2日間で行われたすべての試合をみて、深谷ジュニアのOGの成長した姿も見ることが
出来で良かったです。

幡羅中は県大会でも上位進出できるようにしっかりと準備して頑張ってほしいです!




同じカテゴリー(ちょっとひと言)の記事画像
山梨小学生ソフトボールフェスティバル
深谷中ソフト部 初優勝!
明日から中学新人戦
全国大会第2代表枠
タイブレークの戦い方
いよいよですね!全国予選
同じカテゴリー(ちょっとひと言)の記事
 山梨小学生ソフトボールフェスティバル (2018-10-26 10:18)
 深谷中ソフト部 初優勝! (2018-10-24 10:30)
 明日から中学新人戦 (2018-10-19 13:43)
 全国大会第2代表枠 (2018-05-28 11:49)
 タイブレークの戦い方 (2018-05-21 23:16)
 いよいよですね!全国予選 (2018-04-23 11:37)

Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 15:45│Comments(0)ちょっとひと言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。