何よりも準備が大事!

2018年04月16日

常日頃から何を行うにも準備が大事。と話をしています。

勉強をするにも、運動をするにも、テストを受けるにも。

大人になって仕事をするにも。

勿論、ソフトボールをするにも。

試合に勝ちたいと思うならば尚更です。

昨年も載せていますが、毎年新しい子が入部してきていますので再度載せさせて
頂きます。

子供にも読んでもらい考えてみてください。




今自身が持っている最高のプレーをするためにはどうしたら良いのか?

皆さん、考えたことがありますか?

子供達に聞くと、”体調を整える”って答えが返ってきます。

勿論、体調を整えることは最も大切な事。

それ以外にも最高のプレー(ベストパフォーマンス)をするためには、様々な準備が必要
になってきます。


ベストパフォーマンス

<今、自分自身が出せる最大限の力、技術を発揮すること。>

ベストパフォーマンスを発揮するためにはどうしたらいいのか?

考えたことがありますか?


大前提として、自分自身に必要で適切な努力(自主練習も含む)をしっかりとして、常日
頃からレベルアップに取り組むのは当たり前の事。


そうした事をやっている上で、高校生、大学生、社会人あたりの競技者になるとチーム
あるいは個人で講習を受けたりセミナーに行ったり、書物を読んだりして勉強します。

小学生ではなかなかそこまでのことをやって競技に取り組んでいる人は少ないと思います。

人より少しでも上手になりたい。

少しでも良いプレーをしたい。

などなど考えているのなら、どのようにしたらベストパフォーマンスが発揮できるのかを
考えてみても良いのかもしれません。


発揮する要素として二つのことがあります。

簡単に言うと、一つはよく聞く”メンタルコンディショニング”のことだと思います。

もう一つは取り巻く環境のことで道具であったり体であったりのことだと思います。

メンタルコンディショニングについてはちょっと難しいので省きますが、興味がある人は
勉強してみてください。

勉強してみるとおもしろいですよ~。


では、もう一つの道具や体のことをちょっと考えてみたいと思います。


先ずは道具。

グローブ編。

自分の手の大きさに合ったグローブを使うことがベストです。

そうした中でグローブを磨く。型をつける。とかよく言いますよね。

何のために毎回グローブを磨いて、中にボールを入れて型を保った状態で保管するのか。

高価な道具を大切に永く使っていられるように。って事もありますが、どんな球でも
しっかりと捕球出来るようにすることでもあります。

グローブにオイルを塗ることで皮の適度な柔らかさを保ちボールの勢いを吸収してくれる。

型を保つことでグローブの芯で捕球しやすくする。

また変化した打球などでグローブの芯に入れられなかった難しい打球も捕球できるように
する。

適度な柔らかさとしっかりとした型がついていれば自分の手の感覚や力を伝えやすくなる。

などなどベストパフォーマンスを発揮する為には大切なことばかりです。


バット編。

バットもグローブと同様に持っている力、スイング体系、バッティングタイプに合った物を
使う事がベストです。

重さや長さ、バランスを考えた上で選ばないとでしょう。

そうした中でバットは金属やカーボンでできています。

金属やカーボンは必ず劣化します。

劣化を少しでも遅らせるために、また土やボールの打痕が付いている状態だと反発力が
おちますので、そうしたことを防ぐためにも綺麗に磨いておくことが大切です。

ソフトボールは木製のバットは使用しませんが、プロ野球選手などは木製バットの湿度
管理や置き方までを注意して反発力を落とさないようにしています。

グリップもです。

グリップテープが擦れてきたり、薄くなってくるとグリップ力が落ちます。

グリップ力が落ちると持っている力がバットに伝わりにくくなりますので劣化してきたら
取り替える。

またグリップの巻き方にも右巻きと左巻きがあります。

打ち方に合った巻き方をする方が良いパフォーマンスがしやすくなるでしょう。


あとはスパイクやアンダーシャツ、アンダーストッキング、手袋などなど。

ベストパフォーマンスを発揮するために欠かせないものはまだまだたくさんあります。

でもこれらをやるにはすべてお金のかかる事。

子供のやっているスポーツにそこまでお金を掛けられない事情もあります。

可能な範囲で少しでも注意することが出来ればベストパフォーマンスに近づけると
思いますよ。



続いて体について考えてみます。

体についてっていうと一番最初に思うのは、病気をしないこと、ケガをしないことって事が
頭に浮かぶと思います。

これは基本中の基本。

病気やケガをしたら当然のことながら良いパフォーマンスなんて出来る訳ないですね。

良い選手は病気やケガが少ないです。

なぜ少ないかいというと病気やケガをしないように常に細心の注意をはらっていて、
またしないような準備をしているからだと思います。

準備というのは危険予知であったり、栄養補給や休息であったりもそうですね。

皆が言うように体調管理は最も重要ですね。


あとは自分の体がどんな状態に時に試合でベストパフォーマンスが出来るかを知る
ことです。

体調を整えるからと言って何もせずにじっとしていてもダメですし、技術の向上だけを
目指し体をイジメすぎるのもダメです。

試合前には適度の体の張り、緊張があった方が良いといわれています。

適度とはどこなのかがわかるのは自分だけです。

それを早く見つけることですね。


あとは体のバランス。

ベストパフォーマンスを発揮するうえで体のバランスってとっても重要です。

試合前などに重たい荷物を持ったりするのは厳禁!

腕の極度の張りや握力の低下、左右のバランスが崩れたりします。

特にピッチャーはバランスには気を配らなければいけません。

投げる方の肩でバックや荷物を持つのもやめた方がよいです。

打者もバットスイングをする時に必ず逆振りもするのはバランスを整えるためです。

バランスの良い選手は左右で同じようなスイングができます。

究極は左右で同じような投げ方、打ち方が出来ることでしょう。

有名なのはダルビッシュ投手は左右同じような投げ方で、左投げでも130キロ以上の
球を投げるそうです。


もっと他にもベストパフォーマンスを発揮するために注意しなければならない事はたくさん
ありますが、あと一つだけ紹介します。

皆さんあまり気にしていないと思いますが、”爪の長さ”って非常に重要です。

ボールを投げるときの指の引っ掛かりに影響してきます。

また、バットを握る時の握力にも影響します。

長すぎれば引っ掛かりすぎてしまい、また爪を割ったり剥いだりしてしまう可能性も高まり
ます。

短すぎれば爪に掛からず指先だけで投げるのでボールが抜けてしまったり血豆が出来
易くなったりします。
特にピッチャーは爪の長さには細心の注意をはらう必要があり、一流のピッチャーに
なると爪は切らずに削って長さを調整しています。
(削ることによって爪が剥がれにくくなる効果もあります)


まあ、こんな細かなところまで気にするようになれればベストパフォーマンスを発揮できる
ようになってくるのかなぁなんて思います。


何はともあれ全てが準備です!

実際にプレーするまでの準備の段階でほぼほぼ結果は決まってきますよ。って事です。


頑張ってみましょうね~!




同じカテゴリー(ちょっとひと言)の記事画像
全国大会第2代表枠
タイブレークの戦い方
いよいよですね!全国予選
新年度になりました
それぞれの全国大会
春到来!いよいよ全国大会開幕
同じカテゴリー(ちょっとひと言)の記事
 全国大会第2代表枠 (2018-05-28 11:49)
 タイブレークの戦い方 (2018-05-21 23:16)
 いよいよですね!全国予選 (2018-04-23 11:37)
 新年度になりました (2018-04-11 11:45)
 それぞれの全国大会 (2018-03-28 10:17)
 春到来!いよいよ全国大会開幕 (2018-03-20 13:32)

Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 15:09│Comments(0)ちょっとひと言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。