持久走大会

2015年12月09日

この時期各小学校で持久走大会が行われています。

小学校の年間行事の中でも最も好きな行事の一つである持久走大会。

毎年深谷ジュニアの子供が通っている小学校の持久走大会には出来る限り応援に
行っています。

この持久走を応援していると自分が走る訳でもないのにドキドキワクワクしちゃいます。

そして子供達の懸命に走る姿をみて感動とパワーを貰っています。

今年も数々の感動とパワーを戴きました。


いつも言っているように深谷ジュニアはけして体力的にハードな練習をしている訳では
ありません。

サッカーやバスケットのように走り回る競技でもないので走り込みなどもしません。

でも今年も深谷ジュニアの子供達はとって頑張りました。

ソフトボールで最も体力が必要なポジションはピッチャー。

6年生エース、5年生エース共に50名以上いるなか見事学年1位を勝ち取りました!

その他にも2位が4人など半数以上の子が10番以内に入る頑張りを見せてくれました。

惜しくも10位以内に入れなかった子も毎年順位を上げています。

深谷ジュニアの子は入部時や低学年時から運動能力が優れている子は少ないです。

どちらかというと真ん中かそれより下って子が多いです。

小さいころから運動能力が優れている子は早々とメジャーなスポーツを始めてしまう
傾向がありますね。

そんな中でもこの順位は素晴らしいですね。


なぜ、深谷ジュニアの子供達は体力的にハードな練習をやっている訳でもないのに
毎年上位に入り、大幅な順位アップが出来るのか?

考えてみました。

そしてみんなの走りを見てわかったように思います。

持久走の最も重要な要素は、もちろん走る力、体力って事になるのですがその他にも
重要な要素があります。

自分との勝負、気持ちの強さ。

特に小学生辺りだと、かなり勝負に占める割合が大きいように思います。

深谷ジュニアの子供達は気持ちが強いです。

学年が上がるごとにその気持ちが強くなっているように思います。

相手との勝負の前に自分との勝負!

自分に勝ってこそ相手にも勝つことが出来る。

持久走の終盤、辛い時に如何に踏ん張れるか。

積極的な走りが出来るか。

みんな素晴らしい走りが出来ていました。


後はまわりの子達は試走で力を抜いて走っている子が多いようです。

試走で力を抜いて走って本番で力を出し切れる訳がありません!

深谷ジュニアの子供達には試走からも全力で力を出し切るように。と話をしています。

それが出来ていた子は良い成績が残せたと思います。


あともう一つ、全体的に見ていて走り方を知らない子が多いですね。

上半身の使い方、足の運び方。

深谷ジュニアの子供達はそういった事も日頃の練習でやっているので良い成績に
結びついているように思います。


とにかく多くの感動とパワーを貰った持久走大会。

このパワーを糧にまたソフトの練習に励みますよ~。

持久走大会




同じカテゴリー(ちょっとひと言)の記事画像
全日本小学生大会埼玉予選 組合せ
日々成長しています!
強化試合・・・ここからです!
成長の1年に
深谷ジュニア初!日本代表
山梨小学生ソフトボールフェスティバル
同じカテゴリー(ちょっとひと言)の記事
 全日本小学生大会埼玉予選 組合せ (2019-04-26 14:37)
 日々成長しています! (2019-03-22 17:01)
 強化試合・・・ここからです! (2019-02-25 21:34)
 成長の1年に (2019-01-17 12:04)
 深谷ジュニア初!日本代表 (2018-11-30 09:30)
 山梨小学生ソフトボールフェスティバル (2018-10-26 10:18)

Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 11:16│Comments(0)ちょっとひと言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。