怪我の功名

2016年07月04日

(けがのこうみょう)

怪我の功名とは、失敗や過失、あるいは何気なくしたことなどが、偶然によい結果を
もたらすことのたとえ。

(ころんでもたたではおきぬ)

転んでもただでは起きぬとは、たとえ失敗しても、そこで利益になるものを得ることのた
とえ。また、どんな事態になっても必ず何か自分の利益になるものを見つけ出すという、
欲深い人間のたとえ。


先日、主力選手の一人が学校の体育の授業中ケガをしてしまいました。

約2週間の安静とのこと。

ケガをしたくてする人は一人もいません。

主力選手となればケガをしてしまいチームにも多大なる迷惑をかけてしまいます。

ケガをして一番悲しい思いをするのは自分自身です。

その選手と二人で話をしました。

浮かれた気分で体育の授業をやってなかったかですか?

大事な時期、細心の注意をはらってましたか?

ケガをしないように体育の授業で手を抜いてやっていれば良いって訳ではありません。

当然授業なので全力で取り組んでください。

それは当たり前の事。

全力で取り組む中で、少しでも注意を払っていればケガはしなかったかもしれません。

細心の注意をしていてもケガをしてしまう時にはしてしまいますが。

その時はそれはしょうがない事。

怪我、病気。

この時期一番怖いですね。


関東親善大会まで2週間。

ギリギリ間に合いそうです。

直前じゃなくて良かったです。


そのケガをした選手には今出来る練習を考えてやらせていました。

ケガをした選手はこの機会に悪い癖を直してしまおうと思って行っていた練習なので
復帰した時にはきっと良い方向になっていると思います。

そんな中、その練習を他の選手にもちょっとやらせてみました。

これが大正解!でしたね。

ケガをした選手とは違った悪い癖がある選手がこの練習をやる事によってその癖が
改善してしまいそうです。

これこそチームにとって”怪我の功名”って云うんですかね。

偶然ではありますが、転んでもタダでは起きぬ。って感じです。

ちょっと続けてやらせてみようと思ってます。

あとはこの機会にケガをした選手にチームとして頼っていたことがたくさんあったので、
選手一人ひとりにもっと自覚が出てきてくれる事を期待しています。


2日の練習に4年生の子が体験に来てくれました。

翌日の3日は急遽強化試合が中止となり一日練習となりましたが、そこにもお父さんと
一緒に来てくれました。

自分からお父さんに ”ソフトに行きたい!”と言って連れてきてもらったようです。

背も大きく足も速い!

大いに期待しちゃいますね。

入部申込書を持って帰ったのできっと来週には入部してくれると思っています。

他にも毎回お姉ちゃんにくっついて遊びに来ていた年中さんがやっとやる気をおこして
くれました。

ここ2週間ほどすすんで練習に入ってきています。

昨日本人に聞いたら、もう入った!と言ってました。

頼もしいですね~。

小さな子と話をしているととっても癒されます。

来週も頑張って来てね~。




同じカテゴリー(ちょっとひと言)の記事画像
深谷ジュニア初!日本代表
山梨小学生ソフトボールフェスティバル
深谷中ソフト部 初優勝!
明日から中学新人戦
全国大会第2代表枠
タイブレークの戦い方
同じカテゴリー(ちょっとひと言)の記事
 深谷ジュニア初!日本代表 (2018-11-30 09:30)
 山梨小学生ソフトボールフェスティバル (2018-10-26 10:18)
 深谷中ソフト部 初優勝! (2018-10-24 10:30)
 明日から中学新人戦 (2018-10-19 13:43)
 全国大会第2代表枠 (2018-05-28 11:49)
 タイブレークの戦い方 (2018-05-21 23:16)

Posted by 深谷ジュニアソフトボールクラブ at 09:58│Comments(0)ちょっとひと言
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。